2008年06月30日

ゴールドチケット(追記)

先日発売された、ドリのシングルと絢香のアルバムを購入。
絢香のは、シングルが多数だったのでどうしようかなぁと悩んだものの、全15曲とシングル以外もそれなりにあった+ライブ映像があったので購入。

で、今日。
通勤で聞こうと車の中でCDを開いたら

20080630082515.jpg

ん?なんか金色の紙?

もう一度袋を見てみると、「初回出荷100枚に1枚”GOLD TICKET”入り! 当たった方はSpecial DVDがもらえます!」なんてものが。

なんと、この100枚に1枚のゴールドチケットが当たったようです。
で、この記事書いてたときには気づかなかったんですが、実はこれ相当レアものだったのね。(オークションとかでも高騰してるらしい・・・)

デビュー時から絢香はよく聞いてて、一時的なマイブーム(Perfumeとか(笑))以外ではここ2年くらいで一番聴いてるかな?コブクロとコラボしたのも嬉しかったし。

さて、このゴールドチケットですが、中身はというと・・・
『見事このゴールド・チケットをゲットした人全員に、なんとスペシャルDVD『アルバム全曲アカペラ収録ドキュメンタリーDVD in NY』をプレゼント! 同作には、今年3月に今回のレコーディング作業、CDのジャケット撮影、ミュージック・ビデオの撮影で訪れたニューヨークの各所で、収録曲15曲をアカペラで歌唱したシーンが収録されている。そのほかにも、普段聞いたり、観たりすることの出来ないインタビュー・シーンが随所に収録された内容になっているのだとか。』
あぁ、これはファンなら見てみたい内容だわ、確かに。
しかし、自分当たったからいいけど、大ファンなのに当たらなかった人は結構寂しい気がするのだが・・・


しかし、先週のWCCFのMVPカードといい、予想もしなかったものが当たる星回りなんでしょうか。

totoビッグは当たらなかったので、欲をかくとだめみたいです。
そういや、昨日はアイカタ様も某アイドルユニットのサインカード当ててたしな。夫婦揃って好調期?
posted by へ〜や at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

WCCF06-07始動 え?ウソ?マジ?

さて、ひさびさにWCCFの話題です。
名古屋では今週の月曜から新バージョンが始動しはじめました。
てことで、金曜の午後に時間がとれたので、さっそく行ってきました。
自分が行ったとこは、4クレ交代制。
ってことで、最初のプレイまでに3試合くらい待って、プレイ。
やはし新バージョンの最初の試合は、セルビアチームでしょ!ということで、
今までやってたセルビアチームをそのまま移行。

やった感想ですが、以下な感じ。
・球速はやっ!
・デキがいまいちできない子。
・でもデキからケジャへ芸術的なスルーパスが発動する時があり、
 しびれまくる。
・シニシャのFKは既に悪魔。
・テクニックやスピードのあるFWにDF陣が手も足も出ずに、
 センターサークル付近から持ち込まれてシュートされてゴール場面が何度か。
 それはちとひどくない?

こんな感じ。
さて、1回目が終わってから、もう一度並んで、2回目をプレイ。
1クレ終了時にカード排出されて、画面には「カード切れ」表示。
あぁ、最後のカードかよ。このあとパックの頭かぁ・・・


なんて思いながらパックの上を開封。
表側がちらりと見える。。。。あれ?光ってるぞ?


おー。最後のカードなのにキラだったんだ。いいことあるじゃん。






.[で、誰だったの?]
posted by へ〜や at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | WCCF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

ふぃぎゅあ

もう、何も言うことありません。
下をご覧ください。



フィギュアかよ・・・(笑)
グランパス君一家の人形はグランパスショップからいっぱいでてるけど、できればグランドにいるグランパス君そっくりの人形が欲しい。
あのアンバランス感がたまらないんだけど。

そうそう。
で、そのドアラとグランパス君一家ですが、来週の土曜日、6/28に瑞穂で競演します。この前グランパス君一家がドームへお出かけしたので、そのお返しということです。
今年もPK対決あります。過去2年は引分でしたので、今年は決着がつくのでしょうか?
posted by へ〜や at 12:57| Comment(2) | TrackBack(0) | その他ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポルトガル散る

Euroは8強が出揃い、
ポルトガル-ドイツ
クロアチア-トルコ
オランダ-ロシア
スペイン-イタリア
と好カードが目白押しです。

で、今朝はポルトガル-ドイツでした。
下馬評ではポルトガルは優勝候補なんて言われてたのですが、
ドイツの試合巧者ぶりにやられた感じ。Cロナウドが封じられると他からの攻撃が鳴りを潜め、ドイツにいいようにやられてしまいました。

さて、今夜はクロアチア-トルコ。
自分の今回の一押がクロアチアなので、ここは是非勝ってもらい、
ドイツとの再戦に望んで欲しいと思います。

オランダとロシアの対決は、まぁ順当にいけばオランダでしょうか。
超高速攻撃オランダの攻撃力は、ロシアの守備では停められない気がする。

最後のスペインとイタリアの対決が見ものです。
イタリアは段々調子を上げてきてるので、かなり不気味な存在です。
ただし、今回はガットゥーゾとピルロというイタリアの心臓部分2枚が出場停止。ここをどれだけカバーできるかが鍵になりそう。
スペインが攻撃・守備ともに好調だけども、イタリアのには守護神ブッフォンがいるので、GKとの1対1にさえさせなければイタリアにもチャンスありかな。
スペインは絶好調のビジャがどれだけGKと1対1の場面を作り出せるかがポイントでしょうか。
posted by へ〜や at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

06-07始動

WCCFの新バージョンが昨日から稼働し始めました。

今回が5バージョン目(SerieA01-02,02-03,Europian04-05,05-06,International06-07)なんですが、
今回はデヤン・スタンコビッチ選手がとうとう初キラ昇格ということで、個人的に一番欲しいカードとなっております。
他にも、レアルマドリードの選手がカード化されており、06-07シーズンが基本なのでベッカムが居たりしてるようです。
まだ全カード情報が出揃ってないので、誰がいるのかが分からない部分がありますが、セルビアの選手って他にいるかな・・・

さて、今回は筐体も完全リニューアルで、システムも一部変更になったようで、早くやってみたいものです。







名古屋ではまだどこも新バージョン始まってないけどなーーーー

早くて来週、7月に導入予定なんてゲーセンも結構多いんだよね。
全店同時導入しろとまでは言わないけどさ、もっと期間短くするとかできなかったのか?関東エリアばっかずるいって。
せめてセガの店は初日から入れるとかできなかったのかよ。
posted by へ〜や at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | WCCF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

Euro2008(GR 2LEG終了) グループC追記

さて、Euroが2LEG終了しました。
(実際にはGrAは既に終了)

残り1LEGということで、どんな状況かを確認していきます。

Gr.A
ポルトガルとチェコが抜けると思ったのですが、
最後にトルコが2点差をひっくり返して大逆転。
ポルトガルとトルコが抜けました。(決定)

Gr.B
クロアチアがドイツを破って1抜け。
最後の1枠を3チームが争う展開。
ドイツは最低負けないことが条件+ポーランドの結果次第。
オーストリアはドイツに勝つ+ポーランドの結果次第。
ポーランドはクロアチアに大勝しないと厳しい。
実質ドイツとオーストリアの一騎打ち。
オーストリアのイヴォが最後に魅せてくれるか?

Gr.C
まさに大番狂わせ。
2006ワールドカップ決勝の組み合わせイタリアvsフランスが、
グループリーグ突破を掛けての崖っぷちの争いに。
国名   P GS GA W D L
1.オランダ 6 _7 _1 2 0 0
2.ルーマニア2 _1 _1 0 2 0
3.イタリア 1 _1 _4 0 1 1
4.フランス 1 _1 _4 0 1 1

・ルーマニアが○(勝点5)
 →ルーマニアが突破決定
・ルーマニアが△(勝点3)
 →イタリア-オランダの勝者が勝点4となり突破。
・ルーマニアが●(勝点2)
 →イタリア-オランダの勝者が勝点4で突破。

ここまでは簡単。
ここからが難しいんですよ・・・
今回の順位決定方式は、
1.勝点
2.勝点が同じ場合は、当該国同士の対戦での勝点
3.当該国同士ののゴール数
4.それも同じ場合は、グループリーグでの得失点
5.グループリーグでのゴール数
6.全て同じ場合は、UEFA内のランキング上位が突破。
です。これを踏まえると・・・

・ルーマニアが●(勝点2)
 →イタリア-オランダが引分け(勝点共に2)

この場合となった場合、イタリア・フランス・ルーマニアの
それぞれの対戦は全て引分け。つまり、条件2までが同じ。

当該国同士の対戦では、イタ1-1ルー、ルー0-0フラ となってます。

イタリアが1−1もしくはそれ以上で引分けた場合

イタリアは3チームの対戦で一番ゴール数を上げたことになるため、
イタリアが突破となる。

イタリアとフランスが0−0で引分けた場合
フランスは当該国同士でゴール0となり、他の2チームより低く、
敗退が決定する。
イタリアとルーマニアのゴール数が同じとなり、条件3まで同じとなる。
そこで条件4.
ルーマニアは現在得失点±0、イタリアは−3。
ルーマニアは0−2で負けた場合は、得失点差でイタリアを上回り、
突破が決まる。
0−4で負けた場合はイタリアが逆に上回り、突破となる。
1−4もしくは2−5で負けた場合は、得失点差も並びます。
ですが、条件5によりルーマニアのゴール数が上回り、突破。

で。
0−3で負けた場合・・・更に複雑になります。
全数字が同じになります。
ここで最後の条件6。
UEFA EURO2008本大会ランキング(抽選で使われた数値)では、
4位のイタリアと、7位のルーマニア(開催国シードを抜いた、
ポイントだけでの順位)となるため、この場合上位のイタリアが
突破となります。
※当該国同士が最終節を闘う場合は、条件6を外してPK戦に
する場合もあるようです。今回のGr.Aのチェコ-トルコがまさにそういう状態になるはずでした。

てことで、おさらい。
・ルーマニアが●+イタリア-オランダが引分(勝点共に2)
 →イタリアが1点以上取っていればイタリアが突破。
 →イタリアが0点
  →ルーマニアが2点差以内で負けるとルーマニアが突破
  →ルーマニアが1点以上とって3点差以内で負けるとルーマニア
  →ルーマニアが0−3で負けるとイタリアが突破
  →ルーマニアが4点差以上で負けるとイタリアが突破

オランダがどこまで本気モードでくるか。
オランダは消化試合なんで、黄紙でてる選手は使ってこないと
思うんだけどね・・・
このままだと、ワールドカップ決勝2チームが共に、
グループリーグ敗退ということになる可能性が高いかも。

Gr.D
スペインが1抜け。
スウェーデンとロシアが勝点3で並んでます。
スウェーデンとロシアの直接対決で決まります。
得失点差がスウェーデンの方が上なんで、
ロシアは勝たないとダメ。
ズラタンの調子次第な感じですか。

ってことで、やはり闘ってみないと分からないですね。
果たして、どこがグループリーグ突破できるんでしょ?

さて優勝予想ですが、自分としては
◎:クロアチア
○:オランダ
△:ポルトガル&スペイン
ってとこでしょうか。
posted by へ〜や at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

イ〜ヴォ!イ〜ヴォ!

Euro2008は昨夜Gr.Bの第2戦が行われました。
自分一押のクロアチアはドイツを破り2勝目。
グループリーグ突破を決めました。

そして、オーストリア。
敗戦濃厚だったロスタイム。PKを得ることに成功。
そして蹴るのは、イヴィツァ・ヴァスティッチ選手。

そう。2002〜03の間、名古屋で活躍したイヴォです。
某ニュースサイトでは、「英雄ヴァスティッチ」なんて表現もあるくらい、オーストリアではスターでであり、現在38歳ですが代表に復帰するというすげー人です。(今年は国内リーグの得点ランク2位か3位のはず)

で、イヴォがPKを決め、同点に追いついたのです。
オーストリアは過去Euroでは一度も勝点を取ったことがなく、オーストリア史上初のEuro勝点となった訳です。
しかも、Euro史上最高齢選手の得点というおまけもついたようで。

これで、ドイツが勝点3、オーストリアとポーランドが勝点1。
オーストリアは最終戦でドイツと闘うということで、
かなり厳しい状況ですが、是非ともイヴォにはベスト8以上に
行ってもらいたいものです。
posted by へ〜や at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

オフサイド

そういえば、イタリアvsオランダの1点目。
スネイデルが打ったシュートを、GKブッフォンの目の前に居たファンニステルローイが触ってコースを変えてゴール。

これ、映像を見る限り、どう見たってオフサイドです。

が、UEFAからの正式通知で、「これはオンサイドで問題ありません。」とのこと。

どういうことかと調べてみると、、、、

このとき、イタリアのDFパヌッチが、直前の接触プレーにより「ゴールライン」の外に転がり込んで、うずくまって治療中でした。


で、このオフサイドの規定を詳しく見ていくと、「ピッチから一時的に出ている選手も試合に関与していると見なされる」ということです。
つまり、イタリアの一番後ろに居たのはパヌッチとみなされるということです。
このため、パヌッチが後方から数えて1人目となり、2人目のGKブッフォンの位置がオフサイドラインとなるようです。このため、ファンニステルローイはオフサイドではないと。

これ、大きな問題ではないでしょうか?
これが今後厳格に認められるのであれば、守備側の選手はゴールラインの外ではなく、タッチラインの外で治療をしないと、オフサイドを取れなくなります。
果たして、Jリーグも同様な審判をするんでしょうか???


※追記

もともとこの規定は、プレイ中に最後尾にいるDFが一時的にゴールラインの外に意図的に出ることで、オフサイドラインが一気に上がってしまうことを防止するためのもののようです。
つまり、一番後ろのDFが本来のオフサイドラインですが、このDFが故意にゴールラインの外へ抜けることにより、その前のDFまで一気にオフサイドラインを上げてしまい、攻撃を邪魔することを防ぐための規定のようです。
でも、その場合はプレイに参加してる訳ですから、オフサイドにならなくてもいいですが、今回の場合、パヌッチは接触プレイで転がり、ゴールラインの外でプレイできてないのです。これについてもオンプレイとされてしまうのは、なんか釈然としません。
今後もこの問題は波紋を呼びそうです。
posted by へ〜や at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Euro2008(GR1順終了)

さて、Euro2008が始まっています。
今年はこれに合わせて1ヶ月限定でWOWOWに加入することにしました。
丁度Jリーグが休止期間なので、スカパーのJセットを1ヶ月切って、その代わりということで。

ここまで4日間で、1順しました。
簡単におさらいを。

Gr.A
チェコ1-0スイス
ポルトガル2-0トルコ
ここは大体予想通りな立ち上がり。このままチェコとポルトガルが抜けそう。Cロナウドがシュートもチャンスメーカーとしても申し分ない動きをしてます。チェコは守備がしっかりしてて簡単に点を許しそうにない感じ。

Gr.B
クロアチア1-0オーストリア
ドイツ2-0ポーランド
こちらも予想通り、クロアチアとドイツが抜けるんじゃないでしょうか。クロアチアが堅いサッカーしてるなぁ。

Gr.C
ルーマニア0-0フランス
オランダ3-0イタリア
来ました、死のグループ。
12/3の予想ではルーマニアも含めて4つが混戦になりそうと書きましたが、まさにそんな展開に。イタリアの守備が崩壊してるのが気がかりですが。カウンターくらったときにオランダにスピードで負けて後手後手になってるんだよなぁ。
フランスは攻撃がちぐはぐだし。ルーマニアが欧州予選での相性を生かしてオランダに引分以上となれば、イタリアフランス共に敗退もありえるかも。

Gr.D
スペイン4-1ロシア
スウェーデン2-0ギリシャ
まだ試合映像見れてませんが、スペインがきっちり勝ってる。スウェーデンがエース!ズラタン以外もかなり奮闘したようで、危なげなくギリシャを叩いてます。これはスペインとスウェーデンになりそう。ギリシャが勝つと思ってたんだけど・・・

ってことで、今夜から2順目。
注目のカードはこちら。

Gr.C
オランダvsフランス
イタリアvsルーマニア

特にオランダvsフランスですね。
オランダは、ここで勝てばほぼグループリーグ突破決定。
逆にフランスは負けてしまうと、後がありません。
また、イタリアは既にがけっぷち。
ルーマニアが既に勝点1。ここでイタリアが敗れるようなことになると、イタリアはルーマニアに勝点が届かなくなり、オランダが勝点1を積み上げた時点で、イタリアはジ・エンド。ルーマニアと引分けても、オランダでの3失点により勝点が並んだときには不利。(Euroは予選と同様に当該国同士の勝点で順位が決まるんかな?)
とにかく、このGr.Cは目が離せません。

残りの3グループは、偶然にも全て初戦勝ったチーム同士&負けたチーム同士の戦い。
勝ったチーム同士は、勝てば突破が見えてくる。
負けたチーム同士は、負ければ脱落がほぼ確定する。
かなり見ごたえある展開になりそうです。
posted by へ〜や at 12:23| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

パーサ君

某所で見かけた記事ですが。

京都サンガF.C. vs 名古屋グランパスの試合前におけるサンガマスコットの行為について(お詫び)

ということで、パーサ君が名古屋サポの前に行ったとき、おやすみグランパス君を手渡されたらしく、パントキックを何度かやったそうです。
で、それに対する謝罪文書のようで。

まぁキャラ好きな人たちから見れば、ただのおふざけにしか見えませんが、反感する人もいるかもなぁ。

自分としては、そのくらい相手サポとの交流の範囲内のような気がしますが。難しいっすねぇ・・・
posted by へ〜や at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。