2009年10月28日

決戦!

さて、本日はACL準決勝第2レグ。

アウェイでは2−6と完敗でしたが、今日4−0で勝てば勝ち上がり。

グランパスを信じて瑞穂へ行きます。




選手の「意地」に期待。
posted by へ〜や at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

こちらもスーパーボレーシュート

さて、旧ユーゴスラビアの10番を背負ったストイコヴィッチが、昨夜の試合で(監督なんだけど)ロングボレーシュートを決め、会場を沸かせてましたが、現在のセルビアの10番を背負うデキことスタンコヴィッチが、昨日の試合で先輩の上をいくスーパーボレーシュートを決めてます。



相手のジェノアのGKのキックを、そのままダイレクトに蹴り返してゴール。
ジェノアのサポーターは、目の前で起こった悲劇に信じられない様な顔してます。

試合の中でこれができるのっては、とんでもないです。
プレイスタイルはピクシーとは違い、堅実かつクレバーで、決して華のあるプレイスタイルではないのですが、やはりセルビア代表の核。ここぞというときにやってくれます。
今期はデキの調子もよく、インテルが首位を走る原動力となってます。
来年のW杯へ向けて、さらに調子が上がることを期待しています。
posted by へ〜や at 13:37| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今期初ゴール

さて、既にリーグはあきらめてACL一本になってるグランパスですが、
昨日のマリノス戦で、今期初ゴールがでました。



ストイコヴィッチ監督の。



選手負傷により流れを切るためにタッチラインに出されたボールが、
ピクシーの目の前に。そこでピクシーが革靴のままボレーシュート。
ボールはそのまま大きく弧を描き、マリノスのゴールにイン。
超ロングシュート。
この映像がないのが残念です。

ついでに、監督として初の退席処分もこのプレーでもらいました。

なんかカッコイイぞ!

次節は現役復帰してもらうのはどうでしょうか。
posted by へ〜や at 13:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

欧州予選は残り1節

W杯欧州予選が、残す所あと1節となりました。

私が応援しているセルビアは1試合を残して既に突破を決めております。
さて、他のグループの状況、そして白熱の2位争い、そしてプレーオフ参加争い(これがややこしい)を見ていきます。

なお、プレーオフの進出条件ですが、各グループ2位のチームの勝ち点(ただし、グループ最下位のチームから得た勝ち点は除外します)で争い、最下位のチームが脱落します。
現時点でグループ9(ここだけ5カ国)は既に終了しており、2位のノルウェイが勝ち点10です。なので、最下位以外から勝ち点11以上を得ていれば、プレーオフ進出できます。


グループ2は、スイスがギリシャに勝ち点3をつけて首位。最終戦のイスラエルの試合で引き分け以上で1位通過決定。負けた場合&ギリシャが勝った場合は、ギリシャが突破となりそう。
ギリシャはルクセンブルクとの試合なので、多分勝つと思われるので(とはいえ最下位のモルドバに引き分けたことあるのだが・・・)、最下位除いた勝ち点は16に。
万一スイスが2位なった場合は、最下位除いた勝ち点は14に。

グループ3もまだ首位は決まってません。
現在1位のスロバキアは5位のポーランド。2位のスロベニアは最下位全敗サンマリノとの試合なので、スロバキアは絶対負けられない戦いに。スロベニアが2位なら、最下位除いた勝ち点は14に。スロバキアが2位になるなら、勝ち点は13〜14に。

グループ4は既に決定。1位がドイツ。2位がロシア。
ロシアの最下位除いた勝ち点は15〜18。

グループ5も既に決定。1位はスペイン。ここまで全勝。最後のボスニア・ヘルツェゴビナ戦でも勝利して、全勝突破できるか?
2位はボスニア。こちらも既に決定。最下位除いた勝ち点が現在13。

グループ6はイングランドが1位通過決定。
2位はウクライナがクロアチアが1点の差で逃げている状態。
最終戦はここまで全敗のアンドラと戦うウクライナが圧倒的に有利かな。最下位以外の勝ち点は15。万一ウクライナがこけると2位はクロアチアとなり、その場合の勝ち点は14へ。

グループ7はセルビアの首位決定。フランスの2位決定。
フランスはここまで最下位以外の勝ち点が12しかありませんが、ノルウェイが勝ち点10なので、プレーオフ決定。

グループ8はイタリアが首位決定。アイルランドが2位決定。
アイルランドの最下位以外の勝ち点が11と低いのですが、やはりノルウェイに助けられてプレーオフ進出決定。

グループ9は既に全日程終了。
オランダが1位。2位のノルウェイは勝ち点が10。
グループ1以外の2位になりそうな国はすべて勝ち点11以上なので、グループ1の2位との争い。


そして問題のグループ1。
既にデンマークが1位抜け決定です。
ロナウド擁するポルトガルやイブラヒモビッチ擁するスウェーデンを押さえての堂々首位通過。
2位争いですが、最下位マルタとの試合を残してる現在2位のポルトガルが圧倒的に有利。最下位との対戦を除いた勝ち点は13ということで終了となりそうです。

ただし。ポルトガルが万一負けた場合。
この場合に限ってノルウェイの奇跡のプレーオフ進出決定のシナリオができます。

現時点の成績

ポルトガル 勝点 16 +8 最下位以外 勝点 13
スェーデン 勝点 15 +5 最下位以外 勝点 9 ±0
ハンガリー 勝点 13 +1 最下位以外 勝点 7 −3
 
ポルトガルの最下位以外の勝ち点は13。
なので、ポルトガルが2位になった場合は、ノルウェイ敗退決定。
ポルトガルが3位以下になった場合に、ノルウェイの望みがでてきます。

スウェーデンが最下位以外の勝ち点10以下で2位になるには、デンマークに引き分けること&ポルトガルが4点差以上で負けること。
ハンガリーの場合はアルバニアに勝利が大前提。その上でポルトガルの得失点差に追いつくこと。

あとはノルウェイとの得失点差の問題。ノルウェイの得失点差は+2。
てことは、2位になって最下位以外との得失点差が2以下であれば、ノルウェイがプレーオフに進出することに。
スウェーデンはマルタ以外で得失点差は±0。今回の条件的には引き分けが前提なので、得失点差は±0のままとなり、ノルウェイがプレーオフ進出。
ハンガリーは4点差以内での勝利ならノルウェイが進出。ポルトガルが5点差以上で負けることが前提に。

、、、、まぁ、相当無理がある条件ですけどね。
結局ポルトガルが4点差以上つけられて負けない限り、ノルウェイの進出はないということだから。



なんだ、2位グループの争いがもう少し面白いと思ったんだけどな。ノルウェイがあと2点勝点とってたら、アイルランドやフランスが大慌てになってたんだけどなぁ。


ということで、今夜全てが決まります。
グループ1〜3が面白そうですね。
posted by へ〜や at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。