2010年06月29日

マラドーナ

【画像あり】正直マラドーナってギャグ要員でしかないだろ

さて、日本の岡田監督率いる日本代表が、ほとんどの国民の斜め上を行く快進撃を行い、今夜パラグアイと対戦します。
W杯前は「バカメガネ」だのいろいろ言われてましたが、すっかり英雄状態。個人的には楢崎も玉田も使ってくれないので、まだ「バカメガネ」ですが。

その岡田監督と同様に、W杯でどんどん株を上げてる監督がいます。
そう、アルゼンチン監督のマラドーナ氏。
破天荒な行動や警察沙汰など、もういろいろありました。南米予選もぴりっとしない状態でしたし。
しかし、W杯に入ってからは、アルゼンチンの快進撃(既に準々決勝進出)とスーツ姿もあってか、すっかり名将に。

そんなマラドーナを見てると、、、誰かを思い出してしまうのは、グラサポだからでしょうか。

いちいちリアクションが絵になったり、ピッチ脇でボールを触ろうとしたり、、、あとはマラドーナに革靴のままゴールを入れてもらうしかあありませんね。

そんなマラドーナ監督のW杯での写真や、現役時代のすげぇテクニックを集めた動画が入ったスレッドが上のリンクです。
いやぁ、正直うちの監督も相当なテクニシャンなんで、ちょっとやそっとのプレイじゃ驚きませんが、やっぱりマラドーナすげぇな。


自分としては、今回の優勝はアルゼンチンだと思ってましたので(対抗に推してたイングランドは既に敗退しちゃったけど・・・)このまま優勝して欲しいです。

あ、日本が万が一アルゼンチンと当たるまで生き残ってしまった場合は別だけどね。
posted by へ〜や at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

日本 セカンドラウンド進出決定!!

さて、今朝行われた日本対デンマーク。
身長差をものとせず、本田と遠藤の2発のFKでデンマークを沈めてしまいました。(3点目もほとんど本田のゴールでしょ)

最初15分は結構やばいと思ってましたが、よくディフェンスが守ってました。そこであの本田のFK。あれはワールドクラスですね。
この1発でお互いの動きが変わりました。日本は余裕を持って、デンマークは余裕をなくしました。そこで遠藤のFK。本田のFKがあったため、GKがどう指示していいか分からず、戸惑ってる所へ遠藤の得意な巻き込み型の正確なFK。
長谷部のPK献上はミスジャッジのような気もしますが、自分もあとでハンドをやって見逃されてるので、まぁよしということで。
最後の岡崎のゴールは、大久保の性格なパス+本田の見事なフェイントからのお膳立て。あとは入れるだけ。

さて、これで1stラウンドを2位で突破。
2ndラウンドの最初の相手はパラグアイ。
果たしてどうなる?

どうせならこのまま勝ち進んじゃえ!








でも楢崎と玉田を出さないおかちゃんは、やっぱり嫌いだ(笑)
posted by へ〜や at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

セルビア敗退

早朝、セルビアのグループリーグ第3節が行われ、オーストラリアに敗れたため、グループリーグ敗退が決定しました。

オーストラリアとの試合では、前半は正直どっかで点が入るだろうという感じはありました。3TOPのような1TOPのような布陣で、個人技による突破でひたすらサイド攻撃を繰り返す。パスはよくつながるものの、クロスの精度はいまいちで、ゴール前で相手DFを崩すような攻撃はほとんど見られない。

、、、どこかでこんなチーム見た事あるな。瑞穂や豊田スタジアムで。

結局オーストラリアに2発沈められて、必死に挽回するものの、1点返すのが精一杯。

そのオーストラリアは、ケネディがワールドカップ初めてスタメン。
こちらも1トップ。セルビアの攻撃を跳ね返しながら粘って2ゴール。


結局、どちらもグループリーグ突破はできませんでした。
しかもケネディはゴールを奪えず。
グラサポ的には最悪な展開でしたな。

仕方ないので、ケネディがキャンプ参加できることを喜ぶしかない訳で。


さて今夜は日本代表の3戦目。
先発はここまでと同じ感じでしょうか。
楢崎は、、、とうとう出番がなさそうだ。
玉田は、、、途中出場させてもらえるといいな。
闘莉王は、、オウンゴールしないでね。




明日の仕事も眠くて死にそうだな・・・
posted by へ〜や at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

日本勝利

日本1−0亀ルン

てことで、本田△が松井のクロスを丁寧にトラップして、ゴールにパスしてくれた1点を、みんなで守りきって勝利。

今回の試合について「だけ」言えば、岡田監督及びスタッフの作戦勝ち。

普段はあまりやらないサイドからのクロスの放り込みを多用し、前線の選手が斜めに走り、こういう戦術に弱いカメルーンのDFがやや混乱状態に。
このおかげでカメルーンDFがあまり前にでてこなくなり、カメルーンが全体的に間延びした陣形に。
そのため、ハーフラインを超えてきたカメルーン攻撃陣は人数も少なく、的が絞りやすくなってゴールを奪いやすくなった。
だからこそ、エトーですら仕事ができなかった感じ。

どっかの新聞には事前に載ってたけど、本番まであまりこの戦術は見せないでおくなんてこともやってたようで。

まぁ見事なまでの作戦勝ちですね。

もちろん選手もよくがんばってたし、冷静だった。
闘莉王もいつもより冷静に守備してたしね。
松井と大久保は途中交替を前提に全力疾走してたんじゃない?あれでカメルーンのサイドからの攻撃の威力が減ったし。
遠藤も地味によく走ってたしな。STATS見ると一番走ってたらしいじゃん。
本田はなによりよくボールキープできた。グランパスのときはすぐロストしてたくせに、海外で体が強くなったな。そのご褒美がゴールか。
川島は、前半は固かったかな。力みすぎて飛びすぎたりしてやばかったけど、後半には調子が戻ってきた感じ。
長谷部はすっかり主軸。次の大会も彼中心だな。


さてさて、だからといって手放しで岡田監督をほめるつもりはありません。散々文句言いつつ勝ったらころっと手のひら返すようなマスコミとは違いますぜ。
今回はカメルーン全体のコンディションの悪さにも随分助けられた感がありました。アフリカの選手ってもっと爆発的なスピードがなかったっけ?スピードでぶっちぎられた場面なんてほとんどなかった気がします。ゴールポストに助けられた場面もありましたし、本田のゴール以外では日本に決定的なチャンスは少なかったですし。
もっとチャンスを作らないと、勝ち点を積み上げられません。

オランダとデンマークに最低でも勝ち点1をとらないとグループステージは突破できません。
ロッベンも次はでてきそうですし、ズタボロにされる危険性大です。
それでも、最終的に得失点差での勝負になる可能性があるので、ぜひとも失点を少なくしてもらいたいとこです。



楢崎使え〜〜〜〜!
玉田使え〜〜〜〜!
posted by へ〜や at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

セルビア初戦&ケネディー不出場

さて、W杯が始まりまして、セルビアも昨夜に初戦を戦いました。

、、、ハンドのPKで0−1敗戦。

チーム全体もなんかつながりがない感じ。
攻撃の形が見受けられないまま時間が過ぎていった。
唯一連動性が見られた時間帯は、1人退場になってからの時間だけ。
それも結局ハンドからのPKを取られたら無くなった。

う〜ん、、、予選のときと比べても、なんか攻撃がちぐはぐ。
単発な攻撃ばかり。
ジギッチつかってるけど、彼のポストプレイはほとんど見られなかったし、頭に当てるようなクロスもわずか。
ガーナのスピードについていけなかったかな。
クラシッチが全然だめだったのも大きかったかな。

あとはドイツとオーストラリアか。
今回のドイツは強いからな。
相当苦戦しそう。

さて、そのドイツと対戦したオーストラリア。

自分は眠かったのでビデオ録画にしましたが、
ケネディはサブ。結局使われずじまい。
キューエルもサブってことは、、、
ピムは最初っからケネディとキューエルは、
ガーナ&セルビア用に温存するつもりだったか?


とにかく、セルビアもオーストラリアも苦境に立たされています。
はたしてどうなる?



あ、今夜日本の試合だったな。

ま、どうせ玉田も楢崎も出れないだろうし〜。
posted by へ〜や at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。