2010年06月15日

日本勝利

日本1−0亀ルン

てことで、本田△が松井のクロスを丁寧にトラップして、ゴールにパスしてくれた1点を、みんなで守りきって勝利。

今回の試合について「だけ」言えば、岡田監督及びスタッフの作戦勝ち。

普段はあまりやらないサイドからのクロスの放り込みを多用し、前線の選手が斜めに走り、こういう戦術に弱いカメルーンのDFがやや混乱状態に。
このおかげでカメルーンDFがあまり前にでてこなくなり、カメルーンが全体的に間延びした陣形に。
そのため、ハーフラインを超えてきたカメルーン攻撃陣は人数も少なく、的が絞りやすくなってゴールを奪いやすくなった。
だからこそ、エトーですら仕事ができなかった感じ。

どっかの新聞には事前に載ってたけど、本番まであまりこの戦術は見せないでおくなんてこともやってたようで。

まぁ見事なまでの作戦勝ちですね。

もちろん選手もよくがんばってたし、冷静だった。
闘莉王もいつもより冷静に守備してたしね。
松井と大久保は途中交替を前提に全力疾走してたんじゃない?あれでカメルーンのサイドからの攻撃の威力が減ったし。
遠藤も地味によく走ってたしな。STATS見ると一番走ってたらしいじゃん。
本田はなによりよくボールキープできた。グランパスのときはすぐロストしてたくせに、海外で体が強くなったな。そのご褒美がゴールか。
川島は、前半は固かったかな。力みすぎて飛びすぎたりしてやばかったけど、後半には調子が戻ってきた感じ。
長谷部はすっかり主軸。次の大会も彼中心だな。


さてさて、だからといって手放しで岡田監督をほめるつもりはありません。散々文句言いつつ勝ったらころっと手のひら返すようなマスコミとは違いますぜ。
今回はカメルーン全体のコンディションの悪さにも随分助けられた感がありました。アフリカの選手ってもっと爆発的なスピードがなかったっけ?スピードでぶっちぎられた場面なんてほとんどなかった気がします。ゴールポストに助けられた場面もありましたし、本田のゴール以外では日本に決定的なチャンスは少なかったですし。
もっとチャンスを作らないと、勝ち点を積み上げられません。

オランダとデンマークに最低でも勝ち点1をとらないとグループステージは突破できません。
ロッベンも次はでてきそうですし、ズタボロにされる危険性大です。
それでも、最終的に得失点差での勝負になる可能性があるので、ぜひとも失点を少なくしてもらいたいとこです。



楢崎使え〜〜〜〜!
玉田使え〜〜〜〜!
posted by へ〜や at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。