2012年03月07日

Brass Brass小ネタ

最近音楽ネタあまり書いてなかったですね。
あれ、このブログって実は音楽系サイトの一部のはずなんですが(笑)

最近、またBrassな音楽がでてきてて、Brassオタな自分としてはうれしい限りです。

しかし、何より驚いたのが、AKB48のGIVE ME FIVE!。

今度はバンドだってことで見てみたら、なんとホーンセクション入りのバンド形態。
練習する暇なんてあるの?エアーバンドじゃない?って思ったら、
半年も練習してたんだって。凄い。凄すぎる。この人達って世間で色々言われてるけど、
それは売り出す側の話で、本人達ってものすごい努力してるよね。
それこそ寝る暇も惜しんでTV・ステージ・レッスンとやってて、尊敬します。

しかもTp担当は、AKBでの推しメンのゆいはんと、SKEでの推しメンれな様。
これは自分的にだけ凄いサプライズ!!

まぁそれは置いといて(笑)
こういう形でホーンセクション入りのバンドってのが世間の人の目に触れると、
こういうこと自分達もやりたいって思ってくれる子供達が増えると思うんです。
そして、そんなバンドが今後増えてくれると、面白いと思うんですよね。

さて、曲の方ですが、さすがにホーンセクションの難しさは初級レベルですが、
初心者でも格好良く聞こえるような音にしてあるのがさすがです。
これ、学生の間でホント流行ってくれないかな?

ちなみに、同じAKBのフライングゲットには、ホーンセクションがバリバリに入ってます。
編曲の生田真心(ちなみに、生田真心って人名じゃなくってユニット名ですよ)は、
最近AKB系列で結構担当してるみたいですね。
このフライングゲット、普通に聞いてるときは、
なかなかいいブラスの音だなぁくらいの感想だったんですが、
ウォーキング中にヘッドホンで聴いたら、ぶっ飛びました。
まあよくもここまで細かくいらんとこまで音重ねてやがるって。
(自分的には最上級のほめ言葉です)
AKBって世間の評価よりも、個人的には曲のクオリティが高いと思ってます。


さて、他に気になったのが、いきものがかり。
今CMで流れてる KISS KISS BANG BANG が、ホーンセクションがしっかり入ってて、
なかなかいい曲です。
いきものがかりがホンセク入れてきたのは2曲目でしょうか。
めざましのテーマ曲(NEW WORLD MUSIC)も結構エグいホーンセクション入ってましたが、
そのときの編曲は蔦谷好位置さんってことで、納得でした。
蔦谷さんって生楽器アレンジ大好きな人ですからね。
で、今回のKISS KISS BANG BANG のアレンジは鈴木Daichi秀行さん。
この人ってハロプロとかアニメ系専門だと思ってたので、いきものがかりを担当するとは、
ちょっと意外でした。

この曲、Mステで演奏したときには生のホンセクが演奏してたので、
ちょっといいじゃない!と思ってたんですが、
Mラバーで演奏した際には、しっかりシンセが代用してました。残念。


てことで、また思いついたらBrass話書きます。
posted by へ〜や at 07:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

オタにかわいいと絶賛されてるけど理解できないメン
Excerpt: 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/04/28(土) 16:57:50.17 ID:qoLA3lqd0 高柳明音、石田晴香正直あまりかわいくないと思うんだが・・・ただブスでもないし普通って感じ..
Weblog: AKBニュース速報
Tracked: 2012-04-28 19:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。