2014年08月12日

川又をとったということは

さて、ひさびさにグランパスのお話し。

新潟の川又選手を獲得したそうです。

つまり、久米GMと西野監督は、2点取っても3点取られて負けるのであれば、4点取って勝てばいいんだろ!という判断をしたということでしょうか。

守備の選手を誰か取った方がいい気がするんだがなぁ・・・
posted by へ〜や at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

2012 J1開幕

J1開幕。

image-20120310092301.png

久々の豊田スタジアム。
屋根は閉まってるけどな。

勝って開幕を飾るぜ!!
posted by へ〜や at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

痛いドロー

昨日はACL開幕戦でした。

試合展開は、、、まだまだ仕上がってねぇなって感じ。
特にカウンター対策がさっぱり。
これでは、今年はカウンター主体のチームには苦労しそうです。
攻撃してる最中、中盤から最終ラインあたりの位置取りが雑な感じ。
だからか、カウンターくらったときにあっさりと隙間を狙われて、
最終ラインを突破されるケースが多かったかな。

まぁ1年の初戦だからね。
これから修正してくれればって感じ。

最後の失点のシーンですが、あれはもう相手選手がうまかった。
左に展開された時点でヤバイって思ったんですが、まさかあの体制で打ってくるとは・・・

問題なのは審判。
本来PKとなるべきものがまだ他にもあったし、
明らかなファールが取ってもらえない。
そして黄紙の山。はぁ。

城南はいいチームですね。
中盤からのプレスも激しく、Jリーグのチームに比べると当たりは激しいけど、
中韓のチームによく見られるラフプレーという感じは少なく、
さすがアジアのトップクラスのチームです。
でも、このチームに勝てなければ、ACL制覇なんて無理ですし。
アウェイではしっかり勝ちましょう。

さ、今週末はいよいよJ1リーグ開幕。
清水戦にもちろん参戦予定です。
昨年は終盤に清水に負けたのが響いて優勝を逃しましたから、
今年は是非勝って、調子に乗りたいです。
posted by へ〜や at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

ACL!!

さて、今夜はグランパスの開幕戦、ACLの城南戦です。
昨年末のクリスマスイブにマリノスとのPK戦で敗れてから2ヶ月余り、
ひさびさにグランパスの試合を見ることができます。

と言っても、今日は19時キックオフに間に合わないんだけどね・・・
自分が到着するまでにあんまり試合動かないでね。

ちなみに、今年のグランパスのACLの中継は、BS朝日が担当のよう。
てことは、スカパーのテレ朝Chを別途契約する必要がないってことね。助かった。(^^;;


そういえば、昨年は4月頃に2011版金Jマーク入りのオーセンティックユニを買ったんです。
でもまずは旧モデルのユニを着て応援して、それで負けたら、
次の試合から気分を新たに新ユニを着るって決めてたんですよ。
ところが、結局年末のマリノス戦までの約20試合、
自分が観戦した試合は1度も負けなかったので、
新ユニは一度も着る機会なくしまわれてしまいました。
(瑞穂で負けた仙台戦にも実は行ってたんですが、試合前の豪雨に子供ら音を上げてしまい、
 試合見る前に帰っちゃったんですよね。)

今年は気分新たに新ユニで応援行きます。
今年も無敗記録できるかな?
posted by へ〜や at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

天皇杯!

そういや、リーグ戦の話は書かずに終わってました。
新潟まで行って応援したんですが、残念、あと1ポイント足らず。
1試合1試合の積み重ねが優勝へ繋がるってことが身にしみました。
だからこそ、クライマックスステージのようなシステムは、改めて絶対導入しちゃだめです。
J2では3〜6位の昇格争いに使おうとしてるようですが、、、勝ち点1の重みを味わえと。

さて、天皇杯。
昨夜は瑞穂で、その1ポイント差で敗れた柏を相手。
CWCでは豊スタを「ホーム」として使われてしまい、正直悔しい思いをしました。
で、昨夜負けてしまうと、24のクリスマスイブに、瑞穂まで「ホーム」として使われてしまいます。
さすがに、それは勘弁してほしいということで、息子のサッカー教室が終わって、
そのまま高速使って瑞穂へ乗り込みました。
会場に着いたのは、キックオフしてから10分後くらいでしょうか。

が。

前半はまぁひどいことひどいこと。
よくこれで1点差だったな。
シュート見てないなぁと思ったら、やっぱり前半はシュート0

とにかく、アレさんが酷い。
ポジションが中途半端に上がるので、ダニがその後ろをカバーすることが多く、
そのためにDFラインの前がスカスカ。
柏にいいように使われてしまいました。
てっきりダニ・増・千代の3バックかと思ったくらいです。
あと、金崎がFWの位置にいるんだけど、何してるのかよくわからない。
ボールに絡むこともできず、もってもパスばかり。

まぁ柏は世界の強豪と4試合もガチンコの試合をしたばかり。
名古屋の普通のスピードでは目も慣れてる訳で。
名古屋最大のポイント・規格外の高さに繋がるジョシュと闘さんが不在。
となると、試合感のある柏の方が有利な訳で、実際そんな展開。
まるでバルサのパスまわしに手のでないアルサッド状態。

個人的には、アレを下げて隼磨を左に、小川を右に持っていくかと思いきや、
小川を下げるという暴挙。

そして登場した永井。
やはり彼のスピードは普通じゃない。規格外。

徐々に連戦の疲れの見え始めた柏に対して、試合感が戻ってきた名古屋。
後半早々に2点目を取られますが、徐々に名古屋ペースに。
トリッキーなショートコーナーからのまっすーの惜しいヘディングがあったり
どんどんイケイケになった所で、永井のミドルシュート炸裂。
ここで選手もサポも「今日もイケル!」と確信したことでしょう。

まっすーの左足(頭じゃないよ)での同点弾で瑞穂は更にヒートアップ。
そして延長へ。

延長もすっかり名古屋ペース。
コンパクトにしようと前掛かりになってきた柏のDFを抜き去り、
菅野の頭上を抜くきれいなループシュート。
永井は今年一番の出来。

さらに追加点を!といった所に、立ちはだかる悪魔。

鷹夜魔 じゃなくて 高山。

名古屋が逆転した頃から、急に柏寄りのジャッジをし始めた。
それまでは割りと公平で基準の判りやすいジャッジしてたんだけどね。

ダニが倒されても笛吹かず。
そして後半、永井が倒されても笛吹かず。
このプレーが結局隼磨の2枚目の黄色に繋がってしまいます。
このPKで追いつかれ、そのままPK戦。

そしてPK戦。

他のチームのPK戦は見てても面白いけど、自分のチームがやるのは、
ホント心臓に悪いです。

5人目まで両方とも止められず。
6人目で外してくれて勝負あったと思ったのだが、
永井が外してさらに続く。
8人目にダニが来るかと思いきや、まっすーが蹴る。
ダニの足の調子がよくなさそう。
ダニには相手が外した状態で蹴って欲しい・・・

そんなことを思いながら、9人目の楢崎のシュートも決まり、
10人目に突入。

柏のキッカーは菅野。
確か菅野はCWCでも蹴ってたけど、外してたなかったか?
今回も外してくれと祈ってると、

クロスバーは名古屋に味方した!

そして、ダニが痛めてるとは思えない威力のPKを決め、勝負あり。


いやぁ、長かった。



負けられない戦い。
負けたら、この瑞穂のゴル裏い柏サポがやってくるという屈辱。
それを払拭してくれる今日の勝利でした。

24日のチケットは確保した。

あとは元日のチケットだな。
posted by へ〜や at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

vs福岡戦

そうそう。日曜日には台風迫り来る中、福岡戦行ってきたんですよ。

会場入るまでの雨の凄さったら。
矢作川が氾濫して豊スタ水没するかと思いましたわw

あ。会場入って小走りしたら転んでましたよね?とか、
誰ですかそんな根も葉もある噂流してる人は。
、、、ゴムの磨り減った靴で水の浮いたコンクリートを駆けてはいけません。はい。
まだとっさに受身を取れた自分がえらいと思ったのと、
受身をとった際に左腕を痛めて、まだ痛い自分が情けないやらww

羽根村の蕎麦のブースに入ろうとして、テントから水の塊が降りかかってきたり、
息子にストラップガチャガチャさせたら、今季5個目の隼磨ストラップがでたり、
なんかいまいちな感じの試合前でした。
ま、これもそれも、ゴール祭りで吹っ飛んだんですがね。

でも、某お姉さまから沖縄土産頂いたのがとってもうれしかったです。
ちんすこうショコラってちょーうめぇ。


さて試合。

前半は福岡の必死のプレイの前に、点をとっても取り返される嫌な展開に。
1失点目のPKはこっちから見ててよく分かりませんでしたが。

が。

ブルゾが出場準備を始めた所で、今回の祭り開始。

交替を指示されかけた淳吾が、同級生阿部ちゃんからもらったパスを、
振り向きざまにシュート。

そして交替で入ったブルゾが、ゴールライン際の角度無い所から、
きれいにゴールへ流し込む。

さらに、コーナー付近でボールをかっさらった(あれボール出てなかった?)
永井からのグラウンダーのクロスに玉田が合わせて5点目。

最後10分は福岡の足が止まったこともあって、
名古屋のゴールショーが開催されました。

試合会場で5得点を見たのはいつ振りだろう?
2007年の大宮戦以来かな?
多分この試合行ってると思うんだけど、、、


とはいえ、この試合、80分まではどっちが昨年のJ1ちゃんぴょんで、
どっちが昨年のJ2か分からないくらいの状況でした。

今回の勝利でほっとすることなく、中断明けからも勝って欲しいものです。



あれ、グランパスって中断明けの試合って弱くなっかったっけ?gkbr
posted by へ〜や at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

ACL敗退

orz











怪我人大杉。



攻撃の作戦なさ杉。





これ本当に去年優勝したチームなの?



去年ってほんとに運がよかっただけ?





今週末負けたら、シャレならんぞ、、、、
posted by へ〜や at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

GoldenWeek

さてさてGW中のグランパスですが、
2勝1分とまずまず。
川崎戦はケネディ→玉田のホットラインが見事的中。
杭州戦は我慢して久場がPKをもらって勝利。
清水戦は幸先よかったものの、途中からグダグダになって追いつかれて引き分け。

その後はアルアインで若手主体で敗れて、甲府でコテンパンにやられて2連敗。

柏戦では主審の基準のはっきりしない笛&柏のラフプレイを制御しておかなかったために
けが人が2人もでてしまって引き分け。
守備はそれなりによくなったけど、攻撃がね・・・
藤本はどうしてそんなに足元にもらおうとするんだろ?
アレさんが裏に出してくれても反応できないし。
あとは玉田と永井の距離が遠いかな。
お互いが独立してたもんな・・・

さて、今夜はこれから韓国の水原とのACL Round16。
今日は引き分けじゃなくて「勝ち」が必要なんです。
けが人だけで1チーム組めそうな状況ですが、なんとか勝ってもらわないと。


ふぉーるつぁなごや! 決めーろゴール!
posted by へ〜や at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

J再開、、、、

そういえば、Jリーグって再開したようですね。









レッズに0−3って、、、orz

完全にミスからの自滅。
パスミスが多すぎ。
プレスが中途半端。
決定的チャンスで決めきれない。

これでは勝てる訳ありません。
この日の浦和のデキもよかったです。このデキが1年中続いたら優勝候補っすよ。


でも、大敗はグランパスの昨年からのお家芸。
1つ大敗して4つ勝つのがグランパスクオリティ。

ここから GrampusWeek が始まりますので、勝つぞ!


昔みたいな GrampusWeak だけは勘弁な。
posted by へ〜や at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

再開

Jリーグは4/23から再開すると発表になりました。
名古屋は4/24の浦和戦からです。
再開後最初の試合がアウェイの浦和。
しかも闘莉王の誕生日という、絶好の試合。
これで勝って、はずみをつけたい所です。

とはいえ、グランパスはその前にACL再開です。
4/6にはFCソウルとの試合が瑞穂で行われます。
また、4/19にはアウェイでFCソウル戦です。
他にも、3/15の延期になったアルアイン戦が、4/12になるという噂も。

ちょうど左サイドバックが二人とも怪我した所なので、
名古屋としてはありがたい展開ですね。
ダニルソンも再開直後ほどなく復帰できそうですし。

ACLはJリーグ勢が特に中国勢に苦戦してますので、
ここから一気に盛り返して、日本全体を盛り上げていきたいと思います。
posted by へ〜や at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

開幕

11年のシーズンが開幕しました。
ACLの初戦は残念な試合でした。
杭州は普通に強かったです。まぁ中2日のアウェイという厳しい条件でしたので、
しゃーない部分もありましたけどね。
まだまだ5試合あるんで、しっかり勝ちたいです。
ホーム3戦全勝すればいいんでしょ?

リーグ戦ですが、最後の最後に永井のスピードで得たPKで引き分け。
あのスピードはいいですね。
フリースペースへの走り出しが得意な杉本と違って、
混戦を抜け出す技もあるスピードってのが、いい感じです。
永井が中央に居ると、相手DFもラインを上げにくくなるでしょうから、
そうなると相手バイタルエリアをもっと名古屋が制覇できるようになるかも。
そういう意味では、ケネディとの2TOPというのもいいですね。

いろいろオプションができるのが心強いです。
問題は守備か。
やはりダニルソンが抜けた穴はでかいな。
こっちのボランチの周りを使われまくるので、守備が安定しない。
1ボランチはやはりスピードがないと厳しいかもな、、、


さて、今週末は仙台戦。
現地には行けませんから、スカパーでの応援となります。
マルキーニョスが居るのが不気味。
posted by へ〜や at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

新体制(ここまでの情報)

新加入選手などの番号が発表されました。

永井は記事どおりに18。
吉田は「吉田」つながりで34。
田中輝は35。
藤本はどうやら8との報道。

そして、2番に移るのでは?と言われてた隼磨が32のまま。

てことは?
今年はほとんど番号の移動はなしということでしょうか。

となると、13、15、17、19の10番台ががら空きとなりますが、、、
しかも2も空き。


新加入選手待ちでしょうか?
外国籍選手も1枠空いてますし。


守備をオールラウンドでこなせる選手募集。
どこかの国の代表経験者は優遇します。
posted by へ〜や at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

藤本加入決定&妄想背番号

さて、藤本の新加入が決定しました。
久米さんのラジオでのインタビューによれば、今年のグランパスの陣容はこれで決定のようです。

まとめてみると、

IN
藤本(清水)
永井(福岡大)
吉田(流通経済大学柏)
田中輝(三菱養和)

OUT
巻(湘南レンタル)
杉本(徳島)
マギヌン(?)
竹内(千葉レンタル)

なお、OUTについては、昨年からレンタルに出してて、そのまま放出の選手は除外してます。

てことは、今年と同じ人数30人ということに。

攻撃的選手については、まぁ1シーズン問題なくいけるかな?という感じでしょうか。
ブルゾがいつ復帰できるかというのが気になる所ですが。
4−2−3−1だと、
3の位置に金崎−玉田−藤本って感じでしょうか。
そこに小川と永井が控える形で。


守備的選手に不安がありますね。

センターは、闘莉王と増川のベストイレブンコンビに千代反田と新井がサブ、
右サイドは、隼磨に松尾がサブ、
左サイドは、阿部にアレがサブ。
一応各ポジションにスタメンとサブが1づつ居るのですが、怪我とか起きたときのバックアップが、、、
やはりセンターと右両方をできた竹内の存在は大きいですね。
花井は今年もセンターバックの修行を積むのでしょうか?


さてさて、もう一つ気になるのは、背番号。

現時点で空いてる番号は以下の通り。

2、8、13、15、17、18、19、30、34以上(38と50除く)

永井については、18という話が久米さんからでていたようです。
藤本は、清水でつけてた10という訳にはさすがにいかないので、8辺りでしょうか。
個人的には金崎に8をつけてもらいたいと思っているのですが、難しいでしょうか。
(となると金崎は他に一桁が空かない限りは25から動かないかな。)
吉田と田中については、高卒の選手がいきなり10番台をつけることは、
これまでの名古屋の歴史上まずないことなので、20番以降となると思います。
となると、隼磨が2へ移動するとか、今後ベンチ入り増加が予想される松尾や花井、田口、新井が10番台の空き番に移動し、
その空いた部分にはまる感じでしょうか。

てことで、妄想背番号一覧です。
背番号移動が多めに発生してできるだけ空けない場合ということで。

1楢崎、2隼磨、3千代反田、4闘莉王、5増川、
6阿部、7直志、8藤本、9ブルゾ、10小川、
11玉田、12サポ、13松尾、14吉村、15花井、
16ケネディ、17田口、18永井、19新井、20ダニルソン、
21西村、22橋本、23  、24福島、25金崎、
26  、27  、28  、29久場、30田中、
31長谷川、32吉田、33磯村、38アレ、50高木


こんな感じでしょうか。
まぁ、実際にはこんなに移動しないとは思いますが。
posted by へ〜や at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

アンフェアなプレーに対する反則金 2010

さて、今年もアンフェアなプレーに対する反則金を納付する時期が参りました。
毎年こちらでは個人成績を出してますが、今年も集計してみました。

4年前は137ポイントとJ1最悪で反則金100万円。
3年前は101ポイントでギリギリ反則金0円。順位も悪いほうから数えて8位。
2年前は 92ポイントで0円。順位は悪いほうから数えて7位。
昨年は、116ポイントで反則金60万円。

そして今年。
88ポイントと、ここ数年で一番いい成績です。
順位自体は悪いほうから数えて同点5位と良くはないんですけどね。

さて、個人別に見てみましょう。

1位 中村  15pts(昨年17pts)
2位 闘莉王 10pts(昨年 8pts)
3位 ブルゾ  9pts(昨年10pts)
3位 ダニ   9pts(昨年43pts)※但しJ2 51試合での成績
5位 増川   8pts(昨年 7pts)
6位 ケネディ 7pts(昨年 2pts)
6位 金崎   7pts(昨年 7pts)
6位 隼磨   7pts(昨年 3pts)
9位 高木   6pts(昨年不明)
以下は3pts以下

となっています。
昨年26ptsのマギヌンが今年は3ptsと大幅減です。
あと昨年4〜6位の小川・吉村・竹内については、出場が少なくなったのが影響してますね。
直志は相変わらずの成績。まぁ直志のプレースタイルでは仕方ない所もありますが。
闘莉王は、前半はハイペースで黄紙もらってましたが、
W杯以降は一転して減りました。15節以降では1枚しかもらってません。
この辺りに闘莉王が名古屋にうまく馴染めたのが見て取れますね。
ダニルソンは、昨年は札幌で相当もらってましたが、
今年はやや多い程度になってます。うまくチームにフィットした感じがあります。
あと、今年は高木が一発退席です。
昨年も監督がやってますが、今年は高木でしたね。

でも、まぁ全体的に減ってきました。
来年はACLもあり、けが人が増えることも当然予想されます。
出場停止が大きく響くことになりますので、注意してプレイしてもらいたいと思います。

posted by へ〜や at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

We're CHAMPIONS

champ.jpg

祝!グランパス優勝!

さて、優勝から1週間も経ってから更新してるのはどうかと思いますが、
グランパスがリーグ優勝を果たしました。

自分も大宮戦からはアウェイ全てフル参戦予定でスタンバイしておりましたが、
いきなり湘南戦で決まってしまうとは思ってませんでした。
優勝決まってから選手が場内を歩いてる間に、
スカパーでは自分一家が見事に映っておりました。
多分泣いてた息子の映像を撮りたかったんでしょうね。

結局その後の東京戦、磐田戦と参戦してます。
磐田戦では見事に前田に決められて、前田のクラッカーを頂いてきました。
悔しいけど美味しいです。はい。

優勝決まると、お金もしっかり飛びますね。
優勝記念商品だけで3万円くらい。
さらに通常サカマガ+通常サカダイ+増刊サカマガ+増刊サカダイ+記念サカダイ+増刊グランと、
雑誌だけで4000円以上。
経済効果は果たしてどれくらいだったんでしょうか。

さて、残るは広島との最終戦&天皇杯。
最終戦はもちろん参戦ですが、天皇杯については、
鹿島スタジアムは厳しいかなぁ。
準決勝も正直微妙です。元旦には行くつもりですけどね。
posted by へ〜や at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

すっかりごぶさたしてます。

すっかりごぶさたしてます。
twitterばかりしてたら、すっかりblogが置き去りになってます。

さて、グランパスは残り7試合。
2位との勝ち点差は8という独走状態。

ま、勝ち点差8なんて独走なのか?という話も。
だって、野球でいうところの2.5ゲーム差でしょ?
3試合でひっくりかえるのに、独走って感じでもないと思うのだが。

さて、面白い記事。

名古屋は優勝できるのか
http://www.asahi.com/sports/column/TKY201010260264.html

名古屋は優勝できるのか?
わかんねぇよ!

だいたい、けが人続出で大変だし!3試合でひっくりかえるんだし!


というか、この記事の内容・・・取材ってなんもしてない。
あ、一応名古屋の幹部に聞いたって書いてるけど、ホントかどうかも怪しいし。

内容としても、他サポが試合帰りの飲み屋でぶつぶつ言ってる内容と一緒。
これで朝日新聞では記事として成立するんですか?

「守備が飛びぬけてよい訳でもない」
「攻撃力がすごい訳でもない」

それがチームの色なの?
そういうチームじゃないと優勝しちゃだめなの?

今年の名古屋のチームの特徴は、
「土壇場での勝利」ですよ。
引き分けそうになった試合でも、最後に勝ちきる力。これが特徴。
引き分け数の少なさを見れば一目瞭然。
で、その点の取り方を「個の力頼り」なんて書いてるけど、
じゃぁ、Jリーグの試合で、個の力頼りじゃなく点を取ってる場面は、
いったいどれくらいあるのか?

点を取る場面ってのは、やっぱり個人の力が大切なんだよ。
鹿島はマルキーニョスの個の力で最後に点を取ってたじゃない?
浦和だってエメルソンやワシントンの個の力で点をもぎとってたでしょ?
でも、その「個の力」を引き出すのは、「全員の力」なんだよ。
だから、得点のシーンだけ見て「個の力」って言ってるけど、
その「個の力」を引き出すために他のメンバー全員(ベンチも含めて)が、
最後まであきらめずにプレーをするってことが大事なんじゃない?

正直、今のJリーグって欧州のような、チーム間に明らかな差がある訳じゃない。
名古屋だって、所詮日本代表が数人いるレベル。
その中で、最後に勝ちきるために必要なのは、チームメイトの持ってる「個の力」を、
最後まであきらめずに引き出す「全員の力」でしょう。

それをやってるのがピクシー。
ピクシーが就任初年度から言い続けてきた言葉
「Never give up for the WIN!」
これがやっと浸透したのが今年。

なんて、グラサポならみんな気づいているがね。
あまりにお粗末な記事に、どうしても書きたかった。
twitterでは書ききれないからね。
posted by へ〜や at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

首位!

苦手なはずの再開後にも関わらず絶好調。
そして苦手な満員のホーム豊田スタジアムで快勝。

いったいどうしたんだ!グランパス!


ということで、浦和に3−1で勝利しました。




前日の昼前11時頃に豊スタ入りした自分ですが、既にシーチケ組は50人ほど列をなし、一般組も20人ほど並んでました。
これほどまでに出足の早いシート貼りは見たことないです。
金曜とはいえ、さすがお盆期間。

で、当日。
うちは12時過ぎに到着。
子供らは食事もそこそこに、今日の彼らのメインの目的である、
ポケモンのバスを偵察に。
9月に発売される新しいポケモンゲームの体験会を、そのバスの中でやれるということで、早々と並んで整理券もらってました。
ポケモンの行列もすごい人。赤くない親子が多かったので、初めてスタジアムに来た親子が多かったんでしょうか?
pokemonbus.jpg

4時になって自分は先発隊。
伝説のお姉さまは台車を引いてビール売ってました。
どうやら外で待ってるお客さんにもビール売ってたようです。
あと、今回初めて豊スタで山登りしてきました。
めちゃめちゃ高いっすね・・・こわっ!
topofmountain.jpg

浦和のサポはさすがに多かったです。
こっちが応援してるとき、自分達のコールが分からなくなることも何度か・・・
でも、とぅーさんにブーイングするのは、どうかと思うぞ。
クラブが出したんだろうが。本人が無理やり出てったんじゃないんだから。
せめて愛のあるブーイングと拍手をもって迎えて欲しかった。

さて、試合。

前半はいつもの後ろでがっちり守る作戦。
4−5−1状態でひいて守る。最後の作戦は楢崎。
このおかげで浦和は体力を消耗してしまったよう。
DF陣の活躍は見事でした。W田中が体をしっかり寄せてシュートを防ぎ、増川にはなぜかボールが当たるという。

後半開始してすぐ、とぅーさんのヘッド炸裂。
増川の右サイド深く放り込んだボールはとぅーさんが競り合ったがそのまま流れ、マギヌンがそのまま狙い済まして右足でクロス。
ここにとぅーさんが飛び込んできて先制!
いつもと違ってじっくり喜んでた感じ。


その後むうが決定的なのをはずし、いやだな・・と思ってたら、
浦和DF宇賀神のスーパーミドルシュートが炸裂。
やぱり、チャンスで取っておかないと、こうなるよね・・・

しかしその後は名古屋ペース。ブルゾに替わって入った小川が縦横無尽に走り回り、相手DFを混乱に。そして坪井のボールを掻っ攫ってケネディに、シュートしたボールはGKにはじかれるものの、玉田が押し込んで2点目。

さらにケネディが中央でもらったボールに、玉田が相手DFの位置をしっかり確認してぎりぎりで抜け出し、そのままゴールに流し込んで3点目。

終わってみればイエローカード無しの3−1で勝利。(浦和は黄紙2枚かな?)

試合終了後、場内放送で清水が負けて名古屋が首位に立ったことが伝えられると、選手達が輪になって喜んでた。楢さんがあれだけ喜んでるの見るの珍しいな。

今年に入ってこういう快勝を見たのは初めて?
いやぁ、楽しいお祭りでした。

川崎とG大阪と続く今週、ここで勝ち点4を取れれば、波に乗れそうです。


今週末のG大阪戦は、開幕の川崎戦に続いてスタジアム観戦欠席予定ですが。つか、それ以外全部行ったのかよ自分。
posted by へ〜や at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

再開

おっと、ここ随分放置してしまった。

えっと、Jリーグ再開しました。
グランパスは再開後3勝1分と好調。
試合内容的にはそれほど好調とは言わないけど、
ケネディ抜きでも攻撃できる体制ができてきたのは大きい。

両ウイングとインサイドハーフの4人が入れ替わったり、
かなり相手には脅威を与える攻撃ができてきたかな。

なかでもダニルソンがフィットしてきたのは大きい。
前線4人が入れ替わりながら中央を空けるような動きをして、
そこにダニルソンがミドルを打ち込むというのは、
相手DFは随分やりにくいだろうね。

ケネディにはつかないといけないし、
玉田と金崎は持たせると切れ込んでくるし、
そこに対処してマンマークついて空いた中央を長距離砲が襲う。
いい展開になってきたと思います。

守備の集中力が欠ける場面も多々あるので、
これからの8月連戦が勝負ですね。

問題は、長期離脱中の吉村と、マリノスとの試合で肉離れをおこしたっぽい直志。この二人が離脱したから、アンカーは基本的にはダニ。しかしダニは現在黄色3枚目。累積になったら、アレがアンカーになるのかな。
インサイドハーフには小川・ブルゾ・マギヌンといるけれど、試合中盤での交替の駒がなくなってくる・・・

やはりそこには若手の台頭が必須。
花井・橋本・田口といった若手が、チャンスとばかりに狙って欲しい。

鹿島がなかなか負けないだけに、名古屋は必死でくらいついていかないとね。
posted by へ〜や at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

う〜ん

昨日のvs広島戦。

どうも最近のグランパスの不調っぷりが如実に現れてました。

ボールはまわしても、ペナルティエリア付近からシュートが打てない。
中央から突き崩すような動きはさっぱりなし。
特に巻については、ケネディとの違いが如実に。
ポジショニングが悪い。
ボールをもらう際に、やみくもに動くのか、相手DFの意表をつくのか、これがないといいボールは入ってこないでしょう。

小川もなんだかな。
縦への意識がほとんど見られない。

ダニウソンが、、、
彼に1ボランチはかわいそう。
ただでさえグランパスの4−3−3では1ボランチに負担かかるのに、不慣れなダニウソンにやらせるのは、、、
あの位置は直志か吉村じゃないと厳しいな。
カウンターくらいまくりだったし。

勝てば首位とか言われてましたが、とてもそんなチーム状況じゃないですね。
まず、中盤の守備をどう立て直すかが問題のような気がします。
高い位置で絞ってカウンターをださせない。
中盤で相手キーマンに余裕のプレーをさせない。
高い位置でカットして、速攻につなげる。
こういったことが今後の鍵になりそうな気がします。
posted by へ〜や at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

我が家のシーズン開幕

さて、先週日曜に瑞穂へ行ってきました。
豊スタの川崎戦は仕事で行けなかったので、今回が我が家のシーズン開幕となります。

自分の分はシーズンチケットがあるので問題ないのですが、家族の分。
今回、のんびりしてたら、前日にはサポーターズシートが売り切れてた・・・
豊スタと違って、瑞穂はカテ5が分かれてるんだよね。だから、ホームのゴル裏には、サポーターズシートか、カテ4、カテ3バックの人しか立ち入れない。
今回はやむなく、カテ5(アウェイ側ゴール裏 ただし、相手サポはバック側のアウェイシートに座るため、ホーム側は基本グラサポ)に息子と二人で参加することに。

さて、今年から息子もファンクラブ会員となりました。
今回の試合では、ファンクラブ会員の小学1〜3年のみが、エスコート隊としてでることができます。
入場直後に抽選しに行ってきたのですが、並んでる時の息子の強気な発言。
「僕、この抽選2回やって2回とも当たってるんだよね。だから今日も外れないよ!」
まぁ、なにこの強気は?と思っていましたが、三角くじを引いたところ、見事に「あたり!」マーク。

、、、、こいつ、なんでこんなに運いいんだ?

てことで、今回も選手と手をつないできました。
今回は小川選手でした。いや、ピッチでは見分けつかなかったんですがね。あとで録画見たらしっかり映ってましたよ。
小川選手は「何年生?」って聞いてくれたそうです。

さてさて。
今日の試合。開始直後にサプライズ。

ホームのゴル裏じゃないので、まったりとしてたんですが、開始直後に誰かが蹴ったボールが高く舞い上がり、どんどんこっちに飛んできます。
お、面白いな、風に乗ってえらいとんできたな
あ、あれ、あれれれえれれれ
そのままゴールへズドン!

ごーーーーーーーーーーーーーーーーーる!!!!!

ブルゾ!ブルゾ!

ということで、ブルゾのゴールを丁度飛んでくる方から見てました。
いやぁ、びっくり。

この後は、中盤のつぶしあいって感じ。
相手の攻撃を早いうちに直志中心に摘みとって、相手の攻撃を封じるものの、こっちの攻撃はイマイチな感じ。

それでも最後にケネディのヘッドでズドン。


いやぁ、たまには反対側からのんびり見るのもいいですね。
posted by へ〜や at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。