2009年03月31日

W杯予選(セルビア代表)

遅くなりましたが、W杯予選。
セルビアはルーマニアに3−2で勝利。
首位を併走していたリトアニアがフランスに敗れ、単独首位へ。

セルビア  5試合 4勝0分1敗 勝点12
リトアニア 5試合 3勝0分2敗 勝点 9
フランス  4試合 2勝1分1敗 勝点 7
オーストリア4試合 1勝1分2敗 勝点 4
ルーマニア 4試合 1勝1分2敗 勝点 4
フェロー諸島4試合 0勝1分3敗 勝点 1

今夜、フランスとリトアニアの試合があります。これでフランスが敗れるようなら、このグループはセルビアとリトアニアのマッチレースに、フランスが勝つとまだまだ団子になりそうな感じ。セルビアとしては引き分けが理想でしょぅか?

セルビアは次は6/6のオーストリア、そして6/10のフェロー諸島と続きます。ここで勝点6を取れると、W杯出場が大きく見えてきます。
posted by へ〜や at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ウイニングイレブンプレーメーカー2009

そういえば、Wii用のウイニングイレブンプレーメーカー2009が5月14日に発売されるようです。

http://www.konami.jp/we/2009/pm/

今回のパッケージはメッシ。
今回からの新要素としては、CLモードが搭載。
また、オリジナルチームの運営&育成ができる「マスターリーグ」ということで、さかつくっぽいこともできるようです。あと選手エディットやエンブレム作成可能ということです。
あと前回は選手を引き抜いてチームを作ってた「チャンピオンズロード」では獲得賞金に応じてクラブハウスを充実させることができるようになるということで、前回よりも楽しめる部分が増えたようです。

果たして今回はどこのクラブが実名で使えるんでしょうか。そこも楽しみなんですが。




それまでは息子のイナズマイレブンでつないでおきます。(笑)
posted by へ〜や at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

CL ノックアウトラウンド1回戦 1stLeg

欧州CLのノックアウトラウンド1回戦の1stLegが行われました。

アトレティコ 2-2 ポルト
リヨン 1-1 バルセロナ
アーセナル 1-0 ローマ
インテル 0-0 マンU
チェルシー 1-0 ユベントス
ビジャレアル 1-1 パナシナイコス
スポルティング 0-5 バイエルン
レアルマドリー 0-1 リバプール

ということで、今回はセリエAvsプレミア3番勝負です。
まずはアーセナルとローマは、アーセナルのホームで1−0。
ローマは次のホームでの試合では2点が必要です。かなり苦しくなりました。とはいえ、1-0の同点ならば、ホームな分いいかな。とりあえずアーセナル一歩リード。

インテル対マンU。インテルのホームでスコアレスドロー。
インテルとしては2戦目で1点とれば非常に有利になる展開。
しかし、ファンデルサールの牙城は崩せるか?
後半のような試合ができれば、勝機はあると思うのだが・・・・

チェルシー対ユーベ。こちらはアーセナル同様、チェルシーがホームで1−0。ユーベはちょっと苦しくなりましたね。

そしてレアルマドリー対リバプール。なぜかCLではめっぽう強いリバプールが、アウェイで1点。レアルマドリーとしてはかなり苦しい状況になりました。

あと、バイエルンの5点って・・・スポルティングはどうしたの?

次は3/10・11に第2戦。
このままいくと、プレミア勢が3つは勝ち上がりそう・・・。
posted by へ〜や at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

CLラウンド16

さて、欧州CLのラウンド16の組み合わせが決まりました。

チェルシー(イングランド) vs ユヴェントス(イタリア)
ヴィジャレアル(スペイン) vs パナシナイコス(ギリシャ)
スポルティング・リスボン(ポルトガル) vs バイエルン(ドイツ)
アトレティコ・マドリード(スペイン) vs ポルト(ポルトガル)
リヨン(フランス) vs バルセロナ(スペイン)
レアル・マドリード(スペイン) vs リヴァプール(イングランド)
アーセナル(イングランド) vs ローマ(イタリア)
インテル(イタリア) vs マンチェスターUtd.(イングランド)

まさに、イタリア対イングランドの全面戦争。
チェルシー対ユーベ、アーセナル対ローマ、インテル対マンチェスターUと、壮絶なつぶしあい。いきなり楽しみなカードが目白押し。
他にもレアルマドリードはCLにはめっぽう強いリヴァプール。

はたしてどこが生き残るでしょうか。

ラウンド16の初戦は2/24です。
posted by へ〜や at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

雑記

サッカー関連でぼちぼちと。

・岡野契約終了

浦和の岡野選手が、契約更新されずということです。
個人的に、岡野選手のような闘志むき出しで前へ走る選手というのは大好きです。グランパスの杉本のお手本のような感じでしょうか。
人柄もよさそうで、好きな選手でした。
今後、浦和以外に活躍の場を求めるようですが、どこへ行ってもがんばっていただきたいです。

・浦和がエンゲルス監督に解任通告

なんか、昨年から浦和ががたがたしてますね。正直な所、エンゲルス監督は貧乏くじを引かされたような気がします。浦和の戦力は確かに巨大ですが、昨年のACL優勝辺りでピークを過ぎた感があります。今年の浦和は、戦っても怖さがないんですよ。去年はどうやってしのぐかを考えてましたが、今年はどうやって浦和をたたこうか、なんて考えられるくらい。これは監督だけの問題ではなく、クラブのフロント・監督・選手の方向性がばらばらだったのかな?という感じが、外から見てて感じました。
ま、グランパスも今まで毎年のようにこんな感じでしたけどね。今年みたいに一丸となっている方がむしろ珍しい訳で。それを考えると、ず〜〜〜っとトップに君臨してる鹿島の凄さを感じます。

・負けたオフト監督、会長に反発/天皇杯

オフトの言うとおり。クラブ全体の方針として、J1残留が至上命題でしょ。外国人監督に丸投げなんかじゃなく、クラブとしてJ1残留しなければならない、天皇杯よりもJ1。
オフトが日本サッカーを愛してることは、日本のサッカーを知ってる人ならばみんな分かってるはず。磐田や浦和の基礎を築いたのは紛れもなくオフト。磐田はその基礎を食いつぶしたから、今の状態に。浦和はその基礎を更に発展させたから今の姿がある。80年代のヤマハやマツダのコーチをして、代表監督までやった人ですよ。
で、記事を見て思い出した。そういえばオフトが浦和をやめたときの浦和の社長が犬飼だったのね。そりゃ溝がある訳だ。ていうか、そのころの個人的な遺恨を未だに引きずってる犬飼が、もうダメポ。
とりあえず、磐田は次の鹿島戦に全力を挙げて戦って、勝ってJ1残留へと進んでください。 鹿島には絶対勝って。

・中日スポーツ<オレたちワタシたち グラ応援団>

中日スポーツでは、上記タイトルの連載が行われてます。各界のグランパスファンの声をもらうというもの。
このメンバーが・・・楽しい。

・中日ドラゴンズ 山本選手
・横浜ベイスターズ 仁志選手
・元GEXリポーター さくら
・元常務 西垣氏
・元グランパス岡山選手
・横綱白鵬
・元広報部長 手嶋氏
・元グランパス米倉氏

OB、元関係者、スポーツ選手と幅広く、楽しい連載です。

岡山先輩がピクシーからもらったサイン入りの本が「就職情報誌」って、、、ピクシー、ジョーク厳しいっすよ。(笑)
来期も選手としてプレイするなら、まだまだがんばってほしい。引退するのなら、ぜひともグランパスでピクシーの下で働いてほしい。
さくらは、既にグランパスのことなど忘れたかと思ってましたが、まだ気にしてくれてたようです。
白鵬と杉本選手に交流があるってのもびっくり。
山本昌投手と藤田選手は、スポーツジムつながりってのは知ってましたが。

posted by へ〜や at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

またも犬飼発言

犬飼会長、“丸投げ”クラブ社長を批判

もうね、この人の発言については分からないことが多すぎ。

>外国人の監督に“丸投げ”の社長が多い。外国人は自分の成績をあげればいいだけだから、天皇杯の意義とか価値とか関係ない・・・

外国人監督だろうが、日本人監督だろうが、Jリーグ終盤で優勝や降格がかかった試合と、天皇杯の日程が重なって選手が疲労してるのであれば、それなりに入れ替えながら戦う必要があるでしょう。

サポから見れば、全部いつものメンバー出して、疲労しててプレイがダメダメになってて、それで降格されたらそれこそ監督やクラブを批判するわ。
だいたい、天皇杯の価値とかいうのなら、リーグが全部終わってからやってくれ。リーグと重ねるからそういうことになる。
なにより、日本代表の試合と天皇杯の日程を重ねた時点で、天皇杯に権威ないし。日本を代表とする選手が出れないカップ戦に、権威を求めよって無理でしょ。

Jリーグの試合数とナビスコの試合数と天皇杯の試合数を足して多すぎるのなら、J1のチーム数を減らすようリーグに提言したら?
日本全体の底上げといってJ1を18チームにしたのが、今のJリーグとサッカー協会でしょ。欧州だって18チームある国は、どこもターンオーバー制を敷かないととてもじゃないが選手が回っていかないよ。それができないクラブはどっちか捨てるか、降格してるのが現実。

理想ばかり言って、「ベストメンバー」だ「天皇杯の権威」だなんて言っておきながら、日本全国にサッカーを根付かせようとしてる現状で豪雪地帯のクラブのことを「素人」呼ばわりする会長は、はっきり言って要りません。
posted by へ〜や at 12:45| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CL グループリーグ 第5節1日目

では、CLグループリーグ第5節1日目の結果です。

Gr.E
ビジャレアル 0-0 マンチェスターU
AaB 2-1 セルティック
ここは順当にマンチェスターUとビジャレアルがグループリーグ突破しました。セルティックは最下位決定。

Gr.F
バイエルン 3-0 ステアウア
フィオレンティーナ 1-2 リヨン
リヨンとバイエルンが突破。フィオレンティーナが波に乗れなかったなぁ。しかし、思ったよりリヨンが強くて意外でした。もう少し混戦になると思ったのですが、2チームが勝ち点11でした。

Gr.G
フェネルバフチェ 1-2 ポルト
アーセナル 1-0 ディナモ・キエフ
試合開始までは勝ち点が8,6,5と混戦でしたが、結局アーセナルとポルトが突破。まぁ順当な感じ。

Gr.H
ゼニト 0-0 ユベントス
BATE 0-1 レアル・マドリー
ユーベとレアルマドリーが勝ち抜け。ここも順当ですね。

てことで、Gr.E〜Hはすべてグループリーグ突破チームが決定しました。
まだどのグループも1位が確定した所がありませんので、最終節はグループ1位を掛けた戦いとなります。まぁ各リーグもありますので、どこまで1位にこだわるかは、監督次第でしょうけど・・・


今夜は残りのGr.A〜D。
未だ全チームにチャンスのある大混戦のGr.Aはどこが抜けるか?
Gr.Bはインテルは今夜決められるか?そして2位になるのはどこだ?
Gr.Cはシャフタルが望みをつなげられるか?
Gr.Dはアトレティコとリバプールで決まってしまうのか?
posted by へ〜や at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

ミロシェヴィッチ引退試合

セルビア-ブルガリアの親善試合が行われました。
この日は、サヴォ・ミロチェヴィッチの代表引退試合でもあります。

結果は6-1。
ヨヴァノヴィッチが2発、ミロシェヴィッチが2発、ミリヤシュとラゾヴィッチが1発づつ。

代表キャップ102で37ゴール。
ロシアで現役最後のシーズンを送りましたが、チームの優勝にも貢献し、いい選手生活の終わり方となったようです。

fss_01.jpg

fss_02.jpg
posted by へ〜や at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

平野孝

元日本代表・平野 来季はMLS挑戦も

ということで、元グランパスの平野選手が、バンクーバーでプレイしておりました。

つか、今年USLのベストイレブン獲ったんだ。USLってのは北中米独立リーグなんで、まぁアメリカのMLSの下部組織って感じでしょうか。

今期は左サイドバックとしてプレイしてたようです。
チームからは来期の契約も要請されてるようですが、本人はMLS希望のようで、果たしてどうなるでしょう。

とにかく、平野選手には1年でも長くプレイしてほしいです。

元グランパスといえば岡山選手が現在シンガポールでプレイしてます。(新潟S)当時のメンバーがまだ海外で活躍してるのはうれしい限りです。
posted by へ〜や at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯予選(11/19)

昨夜は、W杯予選がありました。
普段でしたら欧州をまずチェックですが、今回の欧州は1試合のみということで、今回はパス。

で、日本代表。

あぁ、ひさしぶりにぼけ〜っと楽しいサッカー見せてもらった。
最初の10分はカタールのプレスが結構厳しく、なかなか攻められなかったけど、そこからはカタールの運動量ががっくり落ちて、日本がやりたい放題。これが暑い時期だったらどうなかったか分からないけど、21度ってことなら、日本の選手は全然問題ないでしょ。

1点目の達也のゴールは、角度無いとこからよく冷静に振りぬいてた。
2点目の玉田のゴールは、まさにビューティフルゴール。きれいにダイレクトボレー炸裂。クラブでもめったに見れないスーパーゴールでした。
3点目の闘莉王のゴールは、まさに彼の高さを生かした形。

前半で、玉田がシュートしようとしたボールを大久保が邪魔して打てなかったのはちょっと笑いましたが。大久保回り見ろよ。

気になったのは、寺田。随所にミスが見られた。幸い失点しなかったけど、命取りになりそうなミスもあったので、やっぱり中沢ってすげーと改めて思った次第。

あと、長友と大久保のプレイの荒さ。審判の判断もめちゃめちゃだったけど、左サイドでのファールの多さが気になった。

次は来年のオーストラリアだっけ?まぁ2強でなかよく予選突破といきたいとこですね。
posted by へ〜や at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

これがトップじゃ・・・

ナビスコ杯来年にも五輪方式U23中心に
http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/news/article.html?a=20081117-00000016-nks-socc

Jリーグ鬼武チェアマン、犬飼案にNO!!
http://sports.yahoo.co.jp/news/20081119-00000034-sanspo-socc.html

日本協会の犬飼会長が鬼武発言に不快感示す
http://www.sanspo.com/soccer/news/081119/scg0811190853001-n1.htm

てことで、天皇杯で選手を入れ替えたりしたチームに対して、サッカー協会がいろいろ噛み付いてます。
が、ここで問題になるのが、やはり「ベストメンバー」。

去年話題になったときにもここで書きましたが、「ベストメンバーって何?」。

Jリーグ終盤で、リーグの試合を落としたらJ2落ちるかもとか、優勝がかかってるとかそんな状況で、かつ選手が土曜と水曜の連戦続きなどで疲労してる。そんなとき、天皇杯の試合があった場合、クラブとしてどの選手を使うのが「クラブとしてベストなメンバー」か。

連戦疲れで疲労してる選手を無理やり天皇杯にも出したらプレーの質が
悪く、続くリーグ戦にも影響がでるよりは、クラブとして今年の天皇杯をあきらめてでもJ1残留に専念したい、ついでに天皇杯で若手が機会を与えられたことでがんばって、新しい戦力アップにつながるかもしれない、なんてことであれば、天皇杯にでる選手を入れ替えるチームだって当然でてくるはず。

サポータだって、ヘロヘロのレギュラーを見るよりは、粋のいい若手が見たいことだってある。11月というのは各クラブ来期の戦力を見極めて、不要な選手を選択するという時期でもあり、実は通常控えの選手はものすごくがんばる時期でもある。万一クラブから解雇されても、この時期の動きは他へ移籍するときのいい資料にもなる訳で。だからこそ、いいチャンスをもらいたい選手だって居るわけで。

クラブには、優勝狙えるチームもあれば、降格圏ぎりぎりのチームもあれば、J1とJ2を行き来するチームもある。J2に落ちたら予算が厳しくなって来年以降チームの存続があやうくなるチームもある。

これはACLでも、ナビスコでも一緒。クラブによって当面の目標は違う。どこに優先順位をおくかは、そのクラブ次第。

それを一律に「すべての大会でベストメンバーででろ」というのは、おかしな話。

そもそも、天皇杯は一番権威のある大会だと犬飼JFA会長は言ってますが、だったら日本代表メンバーがW杯予選で抜ける時期に天皇杯を持ってくる方がおかしいでしょ?うち名古屋は、絶対的守護神楢崎と、チームのエース玉田が代表に取られていません。この時点で既にベストメンバーじゃないです。

また、ナビスコをU-23に限定しろとも言ってますが、そもそもナビスコはJリーグの大会なのだから、Jリーグで決めること。JリーグはJFAの傘下だけど、JFAが支配してるのではなく、JFA側が押し付けること自体が間違ってる。この点、鬼武Jリーグチェアマンはよくわかってる。クラブによってはU-23では試合にならないチームだってでてくるかもしれないし、U-23でチームの主軸の選手なんかは、結局酷使される訳で。

全部のチームが同じレベルにいるわけではない。経営規模も違えば選手層も違う。それがサッカークラブでしょ?それをベストメンバーだU-23ナビスコだと勝手にJFAの会長が口を出すこと自体間違ってる。

すべてのクラブは日本代表のために存在する訳ではない。あくまでクラブの繁栄存続が第一。JFAはそこを理解しないと、日本のサッカーの未来はなくなるよ?
posted by へ〜や at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

イナズマイレブン

日曜の朝、イナズマイレブンというアニメがあります。
超次元サッカーというか、少林サッカーというか、キャプテン翼というか(笑)
必殺技が、本当なら反則だろってな技が続出という、まさにやっぱりキャプ翼なアニメです。
飛び上がった仲間を踏み台にしてさらに飛び上がりシュート。キャプ翼の「スカイラブハリケーン」はスライディングした仲間のスパイクを踏み台に富んでるけど、こっちは仲間のお腹で飛んでます。だから背中を踏み台にする「ルチャ殺法」に近いのだが、踏み台の選手も飛んでるので、それよりもひどい。(笑)

息子がこれにはまってまして。
まぁ、サッカー好きな両親の子供だからな。

で、このアニメですが、DSでゲームもでてます。
「レイトン教授」シリーズを発売してるレベルファイブが出してるんですが、「レイトン教授と悪魔の箱」に、このイナズマイレブンの体験版がくっついてたんです。
で、息子が実はポケモンそっちのけで、ず〜〜〜〜っとこの体験版をやってました。


体験版ばかりそんなにやるとは・・・




わかったよ。
買ってやるよ。

その代わりお父さんにもやらせろよ(笑)


このゲームですが、基本はRPG。
チームメイトを集め、チームを育て、サッカーの試合をする。
そんなゲームです。

で、肝心のサッカー部分。

基本的な操作がタッチペン。
選手をひっぱるとドリブルorそこへ走りこむ。
場所をタッチすると、その場所へパス。

、、、、あれ?

それってWiiのウイイレと一緒じゃん。

そ、なんとWiiのウイイレと同じような操作体系なので、
実はサッカー部分が面白い。

イナズマイレブンの2chのログとか見てると、操作が難しいという人もいるようですが、これはWiiのウイイレときと同じような反応です。
Wiiのウイイレやってる人にはなじみある感じで、楽しめてるようです。

もちろん、必殺技があるので、ある程度育ててレベルを上げれば、力で押せます。だから、子供でも十分サッカーを体感できるため、息子がはまってるようです。
ただ、必殺技使わなくても、フリーラン&スルーパス&ワンツーを駆使すると、結構点が取れるということで、自分はむしろそっち。いかに華麗なパス回しで相手を崩して点を取るか。

RPGの要素も盛りだくさん。レイトン先生仕込みで、アイテムゲットや選手ゲットなど、楽しめる要素もアリアリ。育成もしっかりできるし。


これ、予想より楽しい。
本当は今月発売される、「さかつくタッチ&ダイレクト」を注目してたのだが、当分これでいいかも。
posted by へ〜や at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

CLグループリーグ第4節2日目

さて、CLグループリーグ4節2日目。

Gr.E
AaB 2-2 ビジャレアル
セルティック 1-1 マンチェスターU

共に引き分けの2試合。俊輔は出場せず。俊輔の調子が悪いのか、もうリーグ戦にかけたのか。一応AaBもセルティックも可能性は残っているが、ほぼ絶望な状況。

Gr.F
フィオレンティーナ 1-1 バイエルン
リヨン 2-0 ステアウア
フィオレンティーナが引き分け。これでGL突破は厳しくなったかな。
ステアウアは敗退決定。

Gr.G
アーセナル 0-0 フェネルバフチェ
ディナモキエフ 1-2 ポルト
ポルトが底時からを見せてキエフに勝利。2位に順位を上げた。
アーセナル8、ポルト6、キエフ5と混戦になってきた。アーセナルも次のキエフ戦に敗れると一気に3位転落の危険性がでてきたので、面白いグループになってきた。

Gr.H
BATE 0-2 ゼニト
レアルマドリー 0-2 ユベントス
ユベントスがレアルマドリーに連勝。これでユーベが勝ち点10。現在3位のゼニトが残り連勝すると勝ち点10、その場合レアルマドリーが勝ち点9となるため、ユーベのGL突破が決定。2位レアルマドリーと3位ゼニトの勝ち点差が2。ゼニトが突破できる可能性もちょっとだけ残ってきたぞ・・・


ということで、Gr.EとFはほぼ決まった感がありますが、GとHはまだまだ面白い展開になりそうです。

次のCLグループリーグは11/25-26。
注目のカードは、、、、
グループGのアーセナルvsディナモ・キエフ。
それと、グループAのボルドーvsチェルシー。
posted by へ〜や at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

CLグループリーグ 第4節1日目

さて、昨夜はCLのグループリーグ第4節1日目が行われました。


Gr.A
CFR 1-2 ボルドー
ローマ 3-1 チェルシー

ローマがチェルシーに勝ったことで、Gr.Aが混戦に。
チェルシーが7、ローマとボルドーが6。
最終戦のローマvsボルドーが大一番となります。

Gr.B
アノルトシス 3-3 インテル
ブレーメン 0-3 パナシナイコス

インテルはブルディッソのお粗末なプレイで点を献上。クルスがかろうじて同点にしました。パナシナイコスが勝ったため、インテルとの勝ち点差が4。インテル2連敗&アノルトシス1勝(ブレ)1分(パナ)、パナシナイコスが1勝(インテルに)1分(アノ)に限ってインテル脱落ですが、、、まぁそれはないかな。
しかし、インテルの守備は・・・大丈夫か?

Gr.C
スポルティング 1-0 シャフタル
バルセロナ 1-1 バーゼル

これで、シャフタルが残り2連勝しても、スポルティングに勝ち点が追いついても直接対決で劣っているため、1位のバルサ、2位のスポルティングの勝ち抜けが決定。お疲れ様でした。バルサは同点でしたが、、、力抜いてたかな?これで全勝のチームはなくなりました。やはり全部勝つのって難しいんですね。

Gr.D
リバプール 1-1 アトレティコ
マルセイユ 3-0 PSV
リバプールが終了間際にPKで同点に。これでアトレティコとリバプールは勝ち点8.残りの2チームが勝ち点3.ほぼ2チームの勝ちぬけが見えてきたかな。ただ、下位2チームも連勝するとチャンスありなので、まだまだ油断はできない状況。


今夜は残りのグループの試合です。フィオレンティーナやポルトといったグループ3位チームがどう踏ん張るかが見ものです。
posted by へ〜や at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

CLグループリーグ(第3節)

さて、ちょっと遅くなりましたがCLグループリーグ第3節の結果。

Gr.A
ボルドー 1-0 CFR
チェルシー 1-0 ローマ
チェルシーとローマの直接対決はテリーのゴールでチェルシーが勝利。
これでローマはCFRに抜かれて3位。この前のリーグでのインテル戦といい、完全に調子崩れてるな・・・
チェルシーは次勝つと、CFR vs ボルドー次第で突破決定。

Gr.B
インテル 1-0 アノルトシス
パナシナイコス 2-2 ブレーメン
インテルがアドリアーノのゴールで勝利。次勝つと突破決定です。
ブレーメンが調子でないですね・・・

Gr.C
バーゼル 0-5 バルセロナ
シャフタル 0-1 スポルティング
バルサ3連勝。強い・・・ロナウジーニョ出して強くなってるよ・・
バルサは次勝つと、残りの試合次第では突破決定です。

Gr.D
アトレティコ 1-1 リバプール
PSV 2-0 マルセイユ
2連勝同士の戦いは引き分け。次も同じカードなんですが、勝った方は突破決定の可能性大。

Gr.E
ビジャレアル 6-3 AaB
マンチェスターU 3-0 セルティック
なんだこのビジャレアルとAaBのスコアは。野球ですか?
マンチェスターはベルバトフの2ゴールで勝利。
セルティックは次負けるとビジャレアル次第で敗退決定。
俊輔ピンチ。
マンUとビジャレアルは次勝つとほぼ決まり。

Gr.F
バイエルン 3-0 フィオレンティーナ
ステアウア 3-5 リヨン
バイエルンが強い。フィオレンティーナがアカンなぁ・・・
リヨンの試合も野球みたいなスコアですな。
バイエルンは次で突破決定かも。

Gr.G
フェネルバフチェ 2-5 アーセナル
ポルト 0-1 ディナモ・キエフ
アーセナルが強いですね。ここまで1位。
アーセナルも次で突破可能性あり。

Gr.H
ゼニト 1-1 BATE
ユベントス 2-1 レアル・マドリー
ユーベが逃げ切った。大舞台でのデル・ピエロの勝負強さはすごい。
ゼニトが思ったより健闘できてないのが予想外。

さて、今回は番狂わせがほとんどなく、順当に近い形でした。
次のカードは今回と同じ対戦です。
次勝つと突破が決まるチームが結構います。そういうチームは早く突破を決めて、のんびりしたいでしょうから、目の色を変えてくるかも。

注目のカードは、ユーベ-レアルマドリー、アトレティコ-リバプール、チェルシー-ローマでしょうか。

次節は11/4-5ということで2週間後。
楽しみです。
posted by へ〜や at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

W杯予選(10/16)

さて、昨日は世界各地でW杯予選でした。

まずは欧州予選。グループ7.
セルビアはオーストリアに3−1で勝利。
クラシッチとヨバノヴィッチ、オブラドヴィッチが前半立て続けにゴールして勝利を決定づけました。
リトアニアがフェロー諸島に1−0で勝利し、セルビアと共に勝ち点9。フランスとルーマニアが今日は試合がなく、共に1試合少ない状態で勝ち点4。オーストリアも勝ち点4。フェロー諸島が勝ち点1。フランスがこのまま沈んでくれると、セルビアとしてはありがたいのですが、、、監督がまだ変わらないようなので、まだまだ沈んでくれるかも。

さて、他の主な結果ですが・・・

グループ1では、ポルトガルがアルバニアとドロー。最有力候補と言われたポルトガルが4試合で1勝2分1敗と苦戦してます。デンマークとハンガリーが勝ち点7。しかもデンマークは1試合少ない状態。
そしてスウェーデン・アルバニア・ポルトガルが勝ち点5で並ぶ混戦模様。1・2候補と言われたポルトガルとスウェーデンが苦戦するという展開は予想できませんでした。

グループ2ではギリシャがスイスに敗れました。これでグループ1はギリシャ・イスラエル・スイスが勝ち点2差でひしめく混戦に。もともと突出したチームがいませんが、面白い展開になってきました。

グループ3では、チェコがスロベニアに買って予選初勝利。スロバキアがポーランドに勝って勝ち点9で単独首位。続いてポーランドとスロベニアが勝ち点7で追いかけます。チェコは1試合少ないながら勝ち点4と大苦戦中。

グループ4では、ドイツがウェールズに勝利し勝ち点10までのばしました。ロシアとウェールズが勝ち点6と続きますが、ロシアは試合数が1試合少ないので、まだまだ抜け出した感はないですね。

グループ5では、スペインが全勝。圧倒的な強さです。ここまで4試合で得点10/失点1は見事な戦いです。続くのはトルコ(勝ち点8)、ベルギー(勝ち点7)、ボスニアヘルチェゴビナ(勝ち点6)。

グループ6でも、イングランドが全勝。前回のEuro予選の不振がうそのよう。4試合で得点14と攻撃がさえてます。その後ろをクロアチアとウクライナが勝ち点7で追う展開。

グループ8では、イタリアがモンテネグロを破って勝ち点10に。その後ろをアイルランドが勝ち点7(ただし1試合少ない)で追いかける展開。イタリアとアイルランドの一騎打ちの様相です。残り4チームは未だ未勝利です。

グループ9では、オランダが3戦全勝(昨日は試合なし)あとは団子状態。ノルウェイが元気ないのが残念。

以上、欧州予選でした。



続いて、アジア予選。日本。1−1。

とりあえず玉田が同点弾叩き込んでくれたので一安心。試合後のインタビューでも同点にしかできず悔しいようなことを言っていたが、微妙にニヤニヤしてたのは、あぁ玉田だなと。(笑)W杯ブラジル戦でも、4−1で圧倒されたのに、ゴールした玉田だけが一人ニヤニヤしてたもんな。
でも、同点に追いつけたのはよかった。あとは中盤の選手にミスが多くて・・・どうやら話を聞いてみると、早いパス回しができるよう芝を短く刈り込んで、さらに水をまいたと。で、選手がその球速についていけずにミス連発と。岡ちゃんアホかと。普段どおりのコンディションにしないからミスするんだろ。奇襲は格上にやること。同レベルもしくはやや下なんだったら、堂々と勝負しやがれ。これだけでも監督クビだと思うのだが。
あと、まだまだスピードのあった玉田を外して興梠とな。どっちかというと既に動けなくなってミスも目立ち始めた俊輔と交代させて、玉田を1列下げるべきだったのでは。FKなら遠藤もいるし、阿部も玉田も得意だぞ。
岡崎はなぁ・・・あわてすぎ。セットプレイで玉田がきちんとポジションとって狙ってる場所にかぶせてきて、玉田のシュートの邪魔をする。もっと周りみろよ。
闘莉王は、自分のミスを取り返すべく、終盤FWでがんばってた。一番得点のにおいがするって、どんなDF。

アウェイ勝利でゲットした勝ち点3の貯金が、このホームでの同点でチャラに。しかもウズベキスタンが息を吹き返してきたので、このグループ、オーストラリアを除く4チームで混戦になりそう・・・

posted by へ〜や at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

CLグループリーグ第2節2日目

さて、CLグループリーグ2節2日目です。

Gr.A
CFRクルージュ 0-0 チェルシー
ボルドー 1-3 ローマ
前節4-0でボルドーを破ったチェルシーですが、引分け。
あれ、これもしかしてCFRクルージュって強い?
前節ローマにも勝ってるし。
そのローマはボルドーに逆転勝利。バプチスタの2ゴール。
次節のチェルシーvsローマが楽しみ。
これはボルドー以外の3つ巴になりそうな展開・・・


Gr.B
アノルトシス 3-1 パナシナイコス
インテル 1-1 ブレーメン
インテルは、マイコンが先制したのだが、ピサロに同点弾を決められる。そういやデキがまたカードもらってたな。
アノルトシスがオウンゴールで先制した後そのまま勝利。
次のインテルvsアノルトシス戦が鍵になりそう。

Gr.C
スポルティング 2-0 バーゼル
シャフタル 1-2 バルセロナ
シャフタルのイウシーニョが先制して、このまま勝利かと思いきや、最後の数分でメッシメッシで逆転。危なかったものの2連勝。バルサは次からのバーゼル2連戦で連勝すると、突破が決まるか?
あとはスポルティングとシャフタルの2位争いが見もの。

Gr.D
リバプール 3-1 PSV
アトレティコ 2-1 マルセイユ
リバポはカイト・キーン・ジェラードがゴール。危なげない勝利。
アトレティコもアグエロ・ラウールガルシアがゴールで勝利。共に2連勝。次の2連戦で突破チームが決まるかな。リバポとアトレティコ果たしてどっちが勝利するか?

さて、第3節は見所一杯です。
基本的に3節と4節は同じカードなので、そういう意味でも重要な2連戦です。

GrAでは、チェルシーvsローマの戦い。CFRがその隙にどれだけボルドーから勝点を奪えるか。
Gr.Bでは、インテルとアノルトシスの首位争い。
Gr.Cでは、シャフタルとスポルティングの熾烈な2位争い。
Gr.Dでは、アトレティコとリバプールの首位争い。
Gr.Eでは、セルティックが一昨年のようにマンUに一泡ふかせられるか?
Gr.Fでは、バイエルンvsフィオレンティーナの戦い。
Gr.Gでは、ポルトとキエフの2位争い。
Gr.Hでは、ユーベとレアルマドリーの戦い。

てことで、チェルシーVSローマ、アトレティコVSリバプール、ユーベVSレアルマドリーという辺りが盛り上がりそうな試合になりそうです。
posted by へ〜や at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

CLグループリーグ2節1日目

さて、CLグループリーグ第2節1日目です。
今回はGrE〜Hが1日目です。

Gr.E
AaB 0-3 マンチェスターU
ビジャレアル 1-0 セルティック
マンUはベルバトフの2ゴールで初勝利。
セルティックはビジャレアルに敗戦。俊輔イマイチ。
1敗1分は黄色信号が。

Gr.F
フィオレンティーナ 0-0 ステアウア
バイエルン 1-1 リヨン
2試合とも引分。ヴィオラが2試合続けてドロー。
バイエルンだけ1勝だが、まだまだ混戦模様。

Gr.G
アーセナル 4-0 ポルト
フェネルバフチェ 0-0 ディナモキエフ
アーセナル大爆発。ファンペルシー&アデバヨールが2ゴールづつ。

Gr.H
ゼニト 1-2 レアルマドリー
BATE 2-2 ユベントス
レアルマドリーが2連勝。ユーベは2点先制されるも、
イアクインタの2ゴールで同点に。
次節のレアルマドリーVSユーベが楽しみ。

さて、残りは今夜。
注目のカード1つ目はインテルvsブレーメン
インテルは週末にミラノダービーで敗戦(カカはオフサイドだろう・・)。守備陣は結構好調だが、攻撃陣がイマイチかみ合ってない状態。
対するブレーメンは、今期攻撃陣は爆発してるが、守備陣が崩壊中。
守備のインテルと攻撃のブレーメン、どう展開するかが見もの。

そしてもう一つの注目はリバプールvsPSV。
現在リーグ2位のリバプールは守備が鉄壁状態。ただ、攻撃陣がフェルナンドトーレス以外で点が取れない・・・あとはジェラード頼みか。
こちらも同じくリーグで2位のPSVだが、リーグ戦でユトレヒトに大勝した後、どうも調子がいまひとつ。とくに攻撃陣に問題あり。
そんな攻撃陣がイマイチ同士な対決、どちらかが爆発するか?
posted by へ〜や at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

デルピエロ&ジェラード

昨夜、やっとCLの映像を一部見ることができました。
個人的に、デルピエロのFKと、ジェラードのミドルに呆然。





解説つけられないや。
すごすぎる。

今現役で活躍してる欧州の選手で、自分が最も好きな選手4人のうちの2人です。
デルピエロは、今や絶滅しかけてるファンタジスタ。ジェラードは、個人的には現在世界最高のセンターハーフだと思う。うちのアイカタ様は、欧州サッカーのことはよく知らないのですが、彼のプレー映像を見て「この人グランパスに欲しいなぁ〜」と恐れ多いことをおっしゃってました。(笑)

ちなみに、残りの2人は、ここでもよく話題にするインテルの”デキ”デヤン・スタンコビッチ選手と、今年からミランに戻ってきた”シェバ”アンドリュー・シェフチェンコ選手。
デキは、先日の怪我から復帰して、インテルでポジションを取り戻せるかが問題、シェバはミラン全体が不調なので、ロナウジーニョ&カカとコンビネーションに不安が。

この4人が揃って活躍する姿を今期見れるといいのですが。
posted by へ〜や at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

アジアのCL

さて、ばったもんです。(笑)

いや、最近はAFCのCLも段々認知度が上がってきており、
(昨年の浦和の貢献は大きい)
準々決勝になって盛り上がってきてます。

鹿島はオーストラリアのユナイテッドにホームで1−1。
アウェイでは勝利が必須。もしくは2−2の引分。

浦和はクウェートのアル・カドシアにアウェイで2−3の敗戦。
ただし、アウェイゴールが2なので、ホームで1−0や2−1で勝利なら、浦和が勝ち抜け。

ガンバはシリアのアル・カラマにアウェイで1−2の勝利。
ホームは随分やりやすくなったでしょうか。

しかし、鹿島と浦和は大変だなぁ。
Jリーグ終盤の大事なときに、2週続けてACLだもんな。
欧州でもCLって隔週でしか入らないのに、ACLは連続だもんな。
しかも欧州よりも移動距離長いし。


ってことで、浦和と鹿島にはもう少しACLで闘って欲しいので、
次の試合はがんばれ。ACLに全力を注いでいいから。
リーグはうちに任せてくれればいいから。 あれ??

うちも来年は・・・いや、それは今年圏内にちゃんと入ってから
考えたい。今はリーグのことだけ考えましょう。
posted by へ〜や at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。