2008年09月18日

CLグループリーグ(9/17)

てことで、CLグループリーグ第1節2日目です。

Gr.E
マンチェスターU 0-0 ビジャレアル
セルティック 0-0 AaB
両試合ともスコアレスドロー。
セルティックとしては是非とも勝っておかなければならない試合に、
ドローというのは、正直痛い。
マンUも同じく。ビジャレアルはアウェイでよく耐えた。

Gr.F
ステアウア 0-1 バイエルン
リヨン 2-2 フィオレンティーナ
ヴィオラがリヨンにアウェイで同点。これはチャンス?

Gr.G
ポルト 3-1 フェネルバフチェ
ディナモキエフ 1-1 アーセナル
やはりアーセナルはいまいちだなぁ。
フェネルバフチェが開始15分で2失点。守備に不安?

Gr.H
ユベントス 1-0 ゼニト
レアルマドリー 2-0 BATE
順当にユーベとレアルマドリーが勝ち上がり。
ここぞというときのデルピエロってやっぱすげ。FKは映像で見たいぞ。

ということで、第2節は9/30-10/1に行われます。
posted by へ〜や at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

CL グループステージ開幕

CLのグループステージが始まりました。
てことで、初日の戦いを・・・

Gr.A
チェルシー 4-0 ボルドー
ローマ 1-2 CFRクルージュ
チェルシー強すぎ。
ローマ・・・大丈夫か?トッティが怪我で途中出場したけど、
本調子には程遠い様子。

Gr.B
パナシナイコス 0-2 インテル
ブレーメン 0-0 アノルトシス
インテルが無難な発進。つか怪我人が山のようにいるはずなのに、
それでもチームとして機能してる所がすごいわ。
ブレーメンはピリッとしないな。

Gr.C
バーゼル 1-2 シャフタル
バルセロナ 3-1 スポルティング
バルサが順調に勝利。まずはシャフタルが勝ったか。

Gr.D
PSV 0-3 アトレティコ
マルセイユ 1-2 リバプール
アトレティコ強いなぁ。アグエロが2得点。
リバプールは、ジェラードがすげぇ・・・
やはりCLになると強いな。

さて、明日は残りの4グループ。
注目カードは、ユベントスとゼニト。
UEFAスーパーカップ王者ゼニトがどこまで見せてくれるか。
マンUとビジャレアルも面白い戦いになりそう。
posted by へ〜や at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

W杯予選(9/10)

さて、W杯予選の結果ですが。

まずはグループ7。
セルビアはフランスに1−2で敗戦。
開始早々スタンコヴィッチが足を怪我した模様。
そりゃ、チームもガタガタになるわな・・・
アンリとアネルカにゴールを奪われ、イバノヴィッチのゴールで追いすがりましたが、、、残念。
前節フランスを破ったオーストリアは、リトアニアに2−0で敗れました。ルーマニアはフェロー諸島に勝利。
この結果、リトアニアが2勝。フェロー諸島が2敗。残りのセルビア・オーストリア・フランス・ルーマニアが1勝と大混戦の模様。

その他で気になる所ですが、
まずはイングランドvsクロアチアの対決は、1−4でイングランドの勝利。ウォルコットのハットトリックと一方的な展開。
ポルトガルがデンマークに2−3でまさかの敗戦。
後半ロスタイムで一気にひっくり返されました。
そういや、現在のポルトガル監督って元名古屋監督のカルロス・ケイロスなんですが、、、大丈夫か?(笑)
ドイツがフィンランドと3−3の同点。
先制されてクローゼが同点、追加点取られてクローゼが同点、3点目取られてクローゼが同点と、クローゼが一人奮闘してます。

南米予選では、ブラジルが最下位ボリビアと0−0引分。
あまり調子よくないですね・・・
アルゼンチンはこれ書いてる現在、ペルーと0−0。
アルゼンチンもイマイチピリッとしない感じ。
今回の南米予選は大混戦のまま終盤を迎えるのでしょうか?

さて、アジア。
南北朝鮮対決は、1−1のドロー。
そして日本の属するグループ1。
オーストラリアが1−0でウズベキスタンに勝利、
カタールとバーレーンは1−1のドロー。
ウズベキスタンが2連敗ということで、次対戦する日本としては、絶対勝って突き落としたい所。なんとなく、カタール・オーストラリア・日本の3つ巴になりそうな展開ですね。
posted by へ〜や at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

W杯予選

さて、この週末は各地でW杯の予選が行われました。

まずは日本。
バーレーンとのアウェイで3−2。
玉田がゲットしたFKを俊輔が決めて先制
その後コロコロPKとけんごーのミドルで3点。
最後に連続2失点ということで、なんとか勝利。

玉田はファウルゲッターとして、十分役割を果たしたようです。
今の日本は流れで点狙うよりも、俊輔や遠藤のFKからの方が
効率よく点が取れるので、玉田のようにペナルティエリアへ
突っ込んでいくFWは、貴重な存在ですね。

楢は、最後の2失点がね・・・
1点目は完全に守備が崩壊。
2点目は闘莉王とのコンビネーションの悪さ。
まぁあまり責任がないとはいえ、2失点はなぁ・・・
次がんばりましょ。

最初の4試合で3つ勝ちたいですね。
カタールがすっげー不気味な存在ですが。



さて欧州予選。

抽選は1年近く前に行ってたんですね。

個人的に注目のグループ7。
セルビアはフェロー諸島に2−0。
もうちょっと点を取りたかったけども、まぁ仕方ないか。

そしてフランスはオーストリアに敗れる波乱。
いや、波乱でもないか。抽選当時にも書いたけど、
今のフランスはガタガタ。ジダン世代が抜けた後、
どうにもチームが作れない状態に。
選手はいるんだけどね。
ってことで、ここは見事に混戦になりそうです。
次のセルビアvsフランス次第で、フランスは窮地に立たされます。
ルーマニアはリトアニアに破れ、これまた番狂わせ。
フェロー諸島以外の5つが大混戦か?

その他で気になる国は・・・

Euro優勝のスペインはボスニアに1−0。
イタリアはキプロスに2−1で辛勝。
トルコはアルメニアに2−0。
ドイツはリヒテンシュタインに6−0の大勝。
ギリシャは3−0でルクセンブルクに勝利。
ポルトガルはマルタに4−0で大勝。
ウクライナはベラルーシに1−0で勝利。
イングランドはアンドラに2−0。
マケドニアがスコットランドに1−0で番狂わせ。
スウェーデンがアルバニアとスコアレスドロー。


ってことで、大きな番狂わせはフランスくらい?
さて、明日の夜にも試合があります。
9/10のカードで注目は、、、、

やはり、クロアチアvsイングランドでしょうか。
因縁の対決、またも。
新生イングランドが、Euro予選で敗れたクロアチアに
リベンジできるのか?

他に気になるカードは、
リトアニアvsオーストリア。
共にグループ7で勝利したチーム同士の戦い。
ここで勝つと、大混戦のグループ7で有利な展開に。
あとはスコットランドに勝ったマケドニアがオランダと対戦。

果たして、どうなる!!!(テレ朝の川平っぽく)
posted by へ〜や at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

欧州CL 組み合わせ

欧州CLのグループリーグの抽選会が行われました。
さっそく、各グループの組み合わせと、私個人の予想を書いていきます。

[続きを読む]
posted by へ〜や at 13:20| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

ポルトガル散る

Euroは8強が出揃い、
ポルトガル-ドイツ
クロアチア-トルコ
オランダ-ロシア
スペイン-イタリア
と好カードが目白押しです。

で、今朝はポルトガル-ドイツでした。
下馬評ではポルトガルは優勝候補なんて言われてたのですが、
ドイツの試合巧者ぶりにやられた感じ。Cロナウドが封じられると他からの攻撃が鳴りを潜め、ドイツにいいようにやられてしまいました。

さて、今夜はクロアチア-トルコ。
自分の今回の一押がクロアチアなので、ここは是非勝ってもらい、
ドイツとの再戦に望んで欲しいと思います。

オランダとロシアの対決は、まぁ順当にいけばオランダでしょうか。
超高速攻撃オランダの攻撃力は、ロシアの守備では停められない気がする。

最後のスペインとイタリアの対決が見ものです。
イタリアは段々調子を上げてきてるので、かなり不気味な存在です。
ただし、今回はガットゥーゾとピルロというイタリアの心臓部分2枚が出場停止。ここをどれだけカバーできるかが鍵になりそう。
スペインが攻撃・守備ともに好調だけども、イタリアのには守護神ブッフォンがいるので、GKとの1対1にさえさせなければイタリアにもチャンスありかな。
スペインは絶好調のビジャがどれだけGKと1対1の場面を作り出せるかがポイントでしょうか。
posted by へ〜や at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

Euro2008(GR 2LEG終了) グループC追記

さて、Euroが2LEG終了しました。
(実際にはGrAは既に終了)

残り1LEGということで、どんな状況かを確認していきます。

Gr.A
ポルトガルとチェコが抜けると思ったのですが、
最後にトルコが2点差をひっくり返して大逆転。
ポルトガルとトルコが抜けました。(決定)

Gr.B
クロアチアがドイツを破って1抜け。
最後の1枠を3チームが争う展開。
ドイツは最低負けないことが条件+ポーランドの結果次第。
オーストリアはドイツに勝つ+ポーランドの結果次第。
ポーランドはクロアチアに大勝しないと厳しい。
実質ドイツとオーストリアの一騎打ち。
オーストリアのイヴォが最後に魅せてくれるか?

Gr.C
まさに大番狂わせ。
2006ワールドカップ決勝の組み合わせイタリアvsフランスが、
グループリーグ突破を掛けての崖っぷちの争いに。
国名   P GS GA W D L
1.オランダ 6 _7 _1 2 0 0
2.ルーマニア2 _1 _1 0 2 0
3.イタリア 1 _1 _4 0 1 1
4.フランス 1 _1 _4 0 1 1

・ルーマニアが○(勝点5)
 →ルーマニアが突破決定
・ルーマニアが△(勝点3)
 →イタリア-オランダの勝者が勝点4となり突破。
・ルーマニアが●(勝点2)
 →イタリア-オランダの勝者が勝点4で突破。

ここまでは簡単。
ここからが難しいんですよ・・・
今回の順位決定方式は、
1.勝点
2.勝点が同じ場合は、当該国同士の対戦での勝点
3.当該国同士ののゴール数
4.それも同じ場合は、グループリーグでの得失点
5.グループリーグでのゴール数
6.全て同じ場合は、UEFA内のランキング上位が突破。
です。これを踏まえると・・・

・ルーマニアが●(勝点2)
 →イタリア-オランダが引分け(勝点共に2)

この場合となった場合、イタリア・フランス・ルーマニアの
それぞれの対戦は全て引分け。つまり、条件2までが同じ。

当該国同士の対戦では、イタ1-1ルー、ルー0-0フラ となってます。

イタリアが1−1もしくはそれ以上で引分けた場合

イタリアは3チームの対戦で一番ゴール数を上げたことになるため、
イタリアが突破となる。

イタリアとフランスが0−0で引分けた場合
フランスは当該国同士でゴール0となり、他の2チームより低く、
敗退が決定する。
イタリアとルーマニアのゴール数が同じとなり、条件3まで同じとなる。
そこで条件4.
ルーマニアは現在得失点±0、イタリアは−3。
ルーマニアは0−2で負けた場合は、得失点差でイタリアを上回り、
突破が決まる。
0−4で負けた場合はイタリアが逆に上回り、突破となる。
1−4もしくは2−5で負けた場合は、得失点差も並びます。
ですが、条件5によりルーマニアのゴール数が上回り、突破。

で。
0−3で負けた場合・・・更に複雑になります。
全数字が同じになります。
ここで最後の条件6。
UEFA EURO2008本大会ランキング(抽選で使われた数値)では、
4位のイタリアと、7位のルーマニア(開催国シードを抜いた、
ポイントだけでの順位)となるため、この場合上位のイタリアが
突破となります。
※当該国同士が最終節を闘う場合は、条件6を外してPK戦に
する場合もあるようです。今回のGr.Aのチェコ-トルコがまさにそういう状態になるはずでした。

てことで、おさらい。
・ルーマニアが●+イタリア-オランダが引分(勝点共に2)
 →イタリアが1点以上取っていればイタリアが突破。
 →イタリアが0点
  →ルーマニアが2点差以内で負けるとルーマニアが突破
  →ルーマニアが1点以上とって3点差以内で負けるとルーマニア
  →ルーマニアが0−3で負けるとイタリアが突破
  →ルーマニアが4点差以上で負けるとイタリアが突破

オランダがどこまで本気モードでくるか。
オランダは消化試合なんで、黄紙でてる選手は使ってこないと
思うんだけどね・・・
このままだと、ワールドカップ決勝2チームが共に、
グループリーグ敗退ということになる可能性が高いかも。

Gr.D
スペインが1抜け。
スウェーデンとロシアが勝点3で並んでます。
スウェーデンとロシアの直接対決で決まります。
得失点差がスウェーデンの方が上なんで、
ロシアは勝たないとダメ。
ズラタンの調子次第な感じですか。

ってことで、やはり闘ってみないと分からないですね。
果たして、どこがグループリーグ突破できるんでしょ?

さて優勝予想ですが、自分としては
◎:クロアチア
○:オランダ
△:ポルトガル&スペイン
ってとこでしょうか。
posted by へ〜や at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

イ〜ヴォ!イ〜ヴォ!

Euro2008は昨夜Gr.Bの第2戦が行われました。
自分一押のクロアチアはドイツを破り2勝目。
グループリーグ突破を決めました。

そして、オーストリア。
敗戦濃厚だったロスタイム。PKを得ることに成功。
そして蹴るのは、イヴィツァ・ヴァスティッチ選手。

そう。2002〜03の間、名古屋で活躍したイヴォです。
某ニュースサイトでは、「英雄ヴァスティッチ」なんて表現もあるくらい、オーストリアではスターでであり、現在38歳ですが代表に復帰するというすげー人です。(今年は国内リーグの得点ランク2位か3位のはず)

で、イヴォがPKを決め、同点に追いついたのです。
オーストリアは過去Euroでは一度も勝点を取ったことがなく、オーストリア史上初のEuro勝点となった訳です。
しかも、Euro史上最高齢選手の得点というおまけもついたようで。

これで、ドイツが勝点3、オーストリアとポーランドが勝点1。
オーストリアは最終戦でドイツと闘うということで、
かなり厳しい状況ですが、是非ともイヴォにはベスト8以上に
行ってもらいたいものです。
posted by へ〜や at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

オフサイド

そういえば、イタリアvsオランダの1点目。
スネイデルが打ったシュートを、GKブッフォンの目の前に居たファンニステルローイが触ってコースを変えてゴール。

これ、映像を見る限り、どう見たってオフサイドです。

が、UEFAからの正式通知で、「これはオンサイドで問題ありません。」とのこと。

どういうことかと調べてみると、、、、

このとき、イタリアのDFパヌッチが、直前の接触プレーにより「ゴールライン」の外に転がり込んで、うずくまって治療中でした。


で、このオフサイドの規定を詳しく見ていくと、「ピッチから一時的に出ている選手も試合に関与していると見なされる」ということです。
つまり、イタリアの一番後ろに居たのはパヌッチとみなされるということです。
このため、パヌッチが後方から数えて1人目となり、2人目のGKブッフォンの位置がオフサイドラインとなるようです。このため、ファンニステルローイはオフサイドではないと。

これ、大きな問題ではないでしょうか?
これが今後厳格に認められるのであれば、守備側の選手はゴールラインの外ではなく、タッチラインの外で治療をしないと、オフサイドを取れなくなります。
果たして、Jリーグも同様な審判をするんでしょうか???


※追記

もともとこの規定は、プレイ中に最後尾にいるDFが一時的にゴールラインの外に意図的に出ることで、オフサイドラインが一気に上がってしまうことを防止するためのもののようです。
つまり、一番後ろのDFが本来のオフサイドラインですが、このDFが故意にゴールラインの外へ抜けることにより、その前のDFまで一気にオフサイドラインを上げてしまい、攻撃を邪魔することを防ぐための規定のようです。
でも、その場合はプレイに参加してる訳ですから、オフサイドにならなくてもいいですが、今回の場合、パヌッチは接触プレイで転がり、ゴールラインの外でプレイできてないのです。これについてもオンプレイとされてしまうのは、なんか釈然としません。
今後もこの問題は波紋を呼びそうです。
posted by へ〜や at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Euro2008(GR1順終了)

さて、Euro2008が始まっています。
今年はこれに合わせて1ヶ月限定でWOWOWに加入することにしました。
丁度Jリーグが休止期間なので、スカパーのJセットを1ヶ月切って、その代わりということで。

ここまで4日間で、1順しました。
簡単におさらいを。

Gr.A
チェコ1-0スイス
ポルトガル2-0トルコ
ここは大体予想通りな立ち上がり。このままチェコとポルトガルが抜けそう。Cロナウドがシュートもチャンスメーカーとしても申し分ない動きをしてます。チェコは守備がしっかりしてて簡単に点を許しそうにない感じ。

Gr.B
クロアチア1-0オーストリア
ドイツ2-0ポーランド
こちらも予想通り、クロアチアとドイツが抜けるんじゃないでしょうか。クロアチアが堅いサッカーしてるなぁ。

Gr.C
ルーマニア0-0フランス
オランダ3-0イタリア
来ました、死のグループ。
12/3の予想ではルーマニアも含めて4つが混戦になりそうと書きましたが、まさにそんな展開に。イタリアの守備が崩壊してるのが気がかりですが。カウンターくらったときにオランダにスピードで負けて後手後手になってるんだよなぁ。
フランスは攻撃がちぐはぐだし。ルーマニアが欧州予選での相性を生かしてオランダに引分以上となれば、イタリアフランス共に敗退もありえるかも。

Gr.D
スペイン4-1ロシア
スウェーデン2-0ギリシャ
まだ試合映像見れてませんが、スペインがきっちり勝ってる。スウェーデンがエース!ズラタン以外もかなり奮闘したようで、危なげなくギリシャを叩いてます。これはスペインとスウェーデンになりそう。ギリシャが勝つと思ってたんだけど・・・

ってことで、今夜から2順目。
注目のカードはこちら。

Gr.C
オランダvsフランス
イタリアvsルーマニア

特にオランダvsフランスですね。
オランダは、ここで勝てばほぼグループリーグ突破決定。
逆にフランスは負けてしまうと、後がありません。
また、イタリアは既にがけっぷち。
ルーマニアが既に勝点1。ここでイタリアが敗れるようなことになると、イタリアはルーマニアに勝点が届かなくなり、オランダが勝点1を積み上げた時点で、イタリアはジ・エンド。ルーマニアと引分けても、オランダでの3失点により勝点が並んだときには不利。(Euroは予選と同様に当該国同士の勝点で順位が決まるんかな?)
とにかく、このGr.Cは目が離せません。

残りの3グループは、偶然にも全て初戦勝ったチーム同士&負けたチーム同士の戦い。
勝ったチーム同士は、勝てば突破が見えてくる。
負けたチーム同士は、負ければ脱落がほぼ確定する。
かなり見ごたえある展開になりそうです。
posted by へ〜や at 12:23| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

日本代表

普段、代表戦はテンションが上がらないことが多かったのですが、
今回行われたキリンカップはちょっと特別。
なにせ、玉田と楢崎がでてるから。
玉田の決勝弾&楢崎2試合0封と、名古屋の選手が大活躍。
玉田の場合、現在の代表のシステムが名古屋の劣化版?なので、
本人にとってずいぶんやりやすい感じなのではないでしょうか。
楢崎も近距離のシュート阻止はやはり日本一。
絶対的な強さを誇ってるよね。

ってことで、これから3次予選が始まりますが、多分二人とも先発でしょう。大活躍してくれることを祈ってます。
posted by へ〜や at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

浦和vs大阪

Jの試合を名古屋戦以外を書くことは、基本的にしませんが、
珍しく書いてみます。
たまたまこの試合、途中から見てたんです。
名古屋の試合が終わって、チャンネル変えてそのままですが。

細かいことは書きませんが、審判団が試合をぶち壊した感じがします。
まぁ、そうは言ってもサッカーの審判にミスはつきものということで、多かれ少なかれどのチームもこういうことはあるので、この試合だけどうのこうのということはありませんが、審判の向上(特に主審以外。主審に問題があった場合に線審がしっかり判断して主審に伝えてほしい)を望みます。

サポータの問題については、、、あれは大阪側がなにより問題。
相手サポータエリアに物を投げ入れるなんて、問題ありすぎでしょ。
しかも試合前からって。それを見てた周りは止めなかったんでしょうか。結局回りも含めて同罪ですね。
そして、これを制止しなかった会場警備にも大きな問題があると思います。物を投げ入れる→怪我に繋がる訳で、傷害事件になりかねないものなんですから、早い段階で止めなかった警備に大きな責任があると思います。
で、こうなると、試合終了後に浦和側が怒って暴動が起きるのは必然。
もちろん、暴動を起こした浦和を擁護するつもりもありません。結局物を投げ返してますからね。この時点で同じことやってる訳で。
どれかだけが悪いとかではなく、大阪サポ、浦和サポ、会場警備全てに問題がある今回の件だと思います。

サポ同士が喧嘩しても結局選手が困るだけ。これではサポでもなんでもないです。2度とスタジアムに足を運ぶんじゃねーぞ。

3年ほど前、名古屋も柏と一度やりましたね。
あのときは、勝った名古屋サポが試合後もはしゃいでてたら、柏サポが突入してきたという。

とにかく、暴力は絶対ダメ。

今回、なにやら勝点剥奪とかいろいろ言われてるようですね。
正直、該当チーム以外から見れば、勝手に剥奪されとけって感じになりかねませんが、そうなると、今後他チームのサポがまぎれて大騒ぎして勝点剥奪してなんてことにもなりかねないので、それは避けて欲しいです。
海外だと、騒ぎが起きた場合の処分として無観客試合とか中立地開催とかありますが、果たして今回はどうなるのでしょうか。
posted by へ〜や at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

ウイニングイレブンプレイメーカー

サッカー好きにはたまらないゲームが発売されてます。

ウイニングイレブン プレイメーカー

サッカー見てると、「ここのスペースに出しとけよ」とか「ここにサイドバックが走りこんで来てればなぁ・・・」なんてことよく言ったりしますが、まさにそれを実現するためのゲーム。

買って1週間たちますが、それほどやれてません。
チャンピオンズロード(★3)でやっと各リーグの1つ目をクリア。
まだまだ操作に慣れないため、攻撃はサイドからのクロスか、中央からのスルーパスがほとんど。フリーランを使って相手DFを崩してって感じじゃないかな。

ちなみに、買って一番最初にやったのは、マッチ戦。
自分がインテルvsCOMがカターニア。
カターニアには相手に森本がいた。
記念すべきファーストゴールは、ズラタンでもクレスポでもスアソでもクルスでもなく、スタンコビッチ。いやぁ、セルビアを応援する者として最高の出だしです。ちゃんとデータも保存しました。
posted by へ〜や at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

オールスター

Jリーグ球宴、日韓対抗戦に=今年は日本、来年は韓国で

ということで、今年と来年のJリーグオールスターは、Jリーグ選抜vsKリーグ選抜だそうです。

楽しみな部分と不安な部分が混在するニュースですね。

楽しみな部分ですが、Jリーグ選抜ということで、現在の国内組日本代表に外国人選手が加わったチームができあがるということ。
こういうチームは見てみたいというのはあります。

ですが、不安な部分も。

相手がKリーグということは、オールスターに出場する選手は半分になる訳です。てことは、18クラブから1人がやっと。それ以上でても試合にでれない可能性がでてくる訳で。これで本当にJリーグ各クラブのサポーター達は喜ぶのか?先発に1人もいないクラブが7チームもあるんですよ。

あと、オールスターというのは、ある意味祭りでもある訳で、選手達も怪我をしないように注意をしながら、華々しいプレーをお客さんに魅せるということをしてきましました。
ですが、相手がKリーグの選手となると、多分(あくまで)ガチンコで勝負にくるのでは?という心配があります。いくら日本代表ではないにしても、負けたくないでしょうし。怪我とか一番怖いですが。

そして、一番問題になること。

マスコットイベントはあるのか?
オールスターでは、各クラブのマスコットが一同に介し、PK戦などで会場を盛り上げます。クラブマスコット好きな私としても、この映像を見るのが一番すきなんですが、これが果たして今回の企画では生き残るのでしょうか???

現在の方式でマンネリ化してるというのであれば、個人的には、日本人選抜vs外国人選手選抜が一番見たいんだがなぁ。
そっちの方がサポ的にも面白いと思うんだが・・・
posted by へ〜や at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

代表引退

浦和の坪井選手が、代表引退を宣言したそうです。

代表には毎回呼ばれるものの、試合に出してもらえないストレスで・・・今後はクラブに専念したい。だそうです。





何考えてるの?

代表引退ってのは、30歳過ぎまで代表の主軸として闘って、次のW杯の頃にはもう自分の理想とするプレーができないかもしれない、であれば後輩に道を譲って国の今後の発展を望むためにするもの。
代表に呼ばれるけど試合にはでれないから引退するってのは、単に逃げてるだけ。

楢崎を見てみろよ。ジーコ以降はほとんど試合にでてないけど、それでも毎回代表合宿には呼ばれてる。本人も試合にはでたいけど、万一川口が怪我や赤紙もらったときのために毎試合控え選手として準備してる。次こそはでれるようにと、自分を更に高めてる。そういう選手と一緒のチームにいるのにそれを見て坪井は何も思わないのか?
試合に出れずに悔しいのなら、もっとうまくなれよ。

それでも自分は代表なんてやってられないというのなら、それでいいです。所詮それだけの選手だったということ。
個人的にはすぐ足をつって、代表ではあまり働けてない選手ってイメージしかない。

ファイトは見ていて感じられるので他チームの選手でも好きな選手ではあったけど、こんなこと言ってるようじゃなぁ・・・。
posted by へ〜や at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

ネーミングライツ

そういえば、今年の競技場の略称見てると、正直訳がわかりません。

開幕カードを見ると・・・

J1
札幌ド・カシマ・埼玉・NACK・フクアリ・柏・味スタ・等々力・日産ス・東北電ス・日本平・エコパ・豊田ス・西京極・万博・ホムスタ・九石ド

J2
ユアスタ・NDスタ・笠松・群馬陸・ニッパ球・平塚・小瀬・長良川・長居・広島ビ・鳴門大塚・ニンスタ・レベスタ・ベアスタ・熊本

J1は、まださすがに慣れてるから分かる。フクアリももう慣れたし。ホムスタもなんとか分かるようになった。
J2、、、最後の「ニンスタ・レベスタ・ベアスタ」ってなんだよ。
俺を惑わす気か?



ネーミングライツしてるのを一応自分のメモ用に解説。

NACK  :ナックファイブスタジアム大宮(さいたま市大宮公園サッカー場)
フクアリ:フクダ電子アリーナ(千葉市蘇我球技場)
味スタ :味の素スタジアム(東京スタジアム)
日産ス :日産スタジアム(横浜国際総合競技場)
東北電ス:東北電力ビッグスワンスタジアム(新潟スタジアム―ビッグスワン)
ホムスタ:ホームズスタジアム(神戸市御崎公園球技場―神戸ウイングスタジアム)
九石ド:九州石油ドーム(大分スポーツ公園総合競技場―ビッグアイ)
ユアスタ:ユアテックスタジアム仙台(仙台スタジアム)
NDスタ :NDソフトスタジアム山形(山形県総合運動公園陸上競技場)
ニッパ球:ニッパツ三ツ沢球技場(横浜市三ツ沢公園球技場)
ニンスタ:ニンジニアスタジアム(愛媛県総合運動公園陸上競技場)
レベスタ:レベルファイブスタジアム(博多の森球技場)
ベアスタ:ベストアメニティスタジアム(鳥栖スタジアム)

でもさ、徳島の「鳴門大塚」って、「鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム」ってことなので、「ポカスタ」ってしてあげるのが筋のような気がしますが・・・。

posted by へ〜や at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分かってない

ベストメンバーで試合を Jリーグ実行委で再確認

まだ言ってる。

そもそもベストメンバーってなに?
その試合に臨むに当たって、監督がそれぞれのポジションの選手を選ぶときに、この選手を使いたいと思った選手がベストでしょ?
日曜に試合して、水曜日に疲労がひどく怪我するかもしれない普段レギュラーの選手と、最近試合にはでれてないが元気な選手とだったから、監督としては普段出れない選手を使いたい場合だって当然ある。しかも、また次の土曜日にも試合があるというのならなおさら。
海外のクラブだとターンオーバー制なんて敷いてるクラブもあるくらい。
で、それがいいかどうかなんてのは、リーグが決めることではない。応援する人が決めること。サポにとって「なんだありゃ」と思うのであれば、応援をやめるだけ。ガイドラインとして残しておくのはありだが、強制力を持たせる意味などなんにもないはず。
先日の川崎の場合など、サポも選手起用についてはほとんど納得してた訳で。

リーグもそういう些細な部分ではなく、もっとリーグ活性化させるにはどうすべきか、その部分の討議をして欲しいです。
posted by へ〜や at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

Euro2008グループリーグ

Euro2008本戦のグループリーグの組み合わせがきまりました。ちなみに、各グループ2位がノックアウトステージに進出です。


グループA
スイス、チェコ、ポルトガル、トルコ

グループB
オーストリア、クロアチア、ドイツ、ポーランド

グループC
オランダ、イタリア、ルーマニア、フランス

グループD
ギリシャ、スウェーデン、スペイン、ロシア

ということで、誰がどう考えてもグループCが死のグループに。
前回W杯覇者のイタリアvs前回W杯準優勝のフランスvsEuro2大会連続3位のオランダvsEuro予選でオランダに1勝1訳分のルーマニア。
どこが落ちても不思議でないです。
しかも、イタリアvsフランスって、、、因縁の対決かよ。マテ兄は本戦に出場させてもらえるかな?すっげーたのしみ。

グループAは、ポルトガルとチェコが残りの2チームを上回ってますね。スイスとトルコにはちと残念な組み合わせ。

グループBはドイツとクロアチアが抜けそうな感じ。

グループDはスペインとギリシャかなぁ。ここは結構混戦模様ですが。
posted by へ〜や at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

W杯予選抽選会(欧州)

うへ。書いたつもりのエントリーが全部消えてた・・・ショック。

えっと、欧州予選をさらっと書いてきます。
欧州は1次予選とかないです。9グループに分かれて、1位が本戦出場。
2位の9チームで勝点最下位を除いた8チームがH&Aで闘って、勝った方が本戦出場。こんな感じです。
なお、グループ9だけ5ヶ国(他は全て6ヶ国)と少ないので、他のグループの2位の勝点計算時には、グループ最下位のチームとの勝点は除外されるそうです。

[グループの詳細]
posted by へ〜や at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯予選抽選会(アジア)

昨夜、2010年W杯の予選の抽選会が行われました。

アジアは、日本の入ったグループ2は正直ラッキーなグループ分けに。

日本、バーレーン、オマーン、タイ。
バーレーンやオマーンにはちょい苦戦するかもしれないけど、まぁ2位以内確定はほぼ確実かな。政治的に問題のある東アジアの国とも避けられ、西アジアの強国とも避けられたのがラッキーかと。とはいえ、オマーンも侮れないので、心してかかって欲しいけどね。

グループ1は死のグループになったようで。
オーストラリア、中国、イラク、カタール。
つか、カタールがなんでpod4だったのかが不思議。
強国オーストラリア、アジア杯優勝のイラク、中東の強豪カタール、02W杯出場中国と、どこがでてもおかしくないだけに。

グループ3では南北対決。ここにヨルダンが割って入ってくると面白い展開に。
posted by へ〜や at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。